「ほっ」と。キャンペーン

愚かなものから学ぶべきこと

プーチンさんはブッシュさんになりたい?!

自分の命を犠牲にしてもかまわないという覚悟で行う殺人を、止めることはできない。
 自分の命を犠牲にしてもかまわないという覚悟をさせたものは誰なのか。

 自分の命を犠牲にしてもかまわないという覚悟をしたものが、そうさせた者に報復を考えた時、そうさせた者と戦う時、一番弱いところを狙う。これは戦の定石である。

 戦相手の要人を殺すために、無関係な人30人まで巻き込むことを容認したという者たちは、巻き込まれた人たちのために、自分の命を犠牲にしてもかまわないという覚悟をさせるのだ。
 30人という数字も愚かだけれども、そもそも30人で済むわけがないではないか。

 もういい加減にしてほしい。
 もうやめてほしい。

 犠牲になるのは、どう考えても、戦いを決める者たちではない。

 プーチンはブッシュから何を学んだのか。
 厳重な警備をうけている自分は大丈夫である、狙われるのは弱い者達である、ということを学んだのか。

 愚かなものからこそ、学ぶべきことはある。


 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-09-11 08:50 | 世間のこと
<< 大脳皮質はどこにいった? バングラデシュ >>