ある妻の責任・・・・責任考 2 

 夫よりもよく働き、そして収入も多い女性が言った。
 
 私の収入を夫は知りません。夫が理解があるおかげで働くことができます。だから、家事の手を抜くことはできない。夫のお弁当も晩御飯も作ります。休みの日は洗濯と掃除でつぶれます。


 この言葉を聴いたときの私の驚きを想像していただけるだろうか。
 しばらく言葉が出なかった。

 彼女は、家事全般を手抜かりなく行うことが自分の責任だと考えている。
 働くことは、夫に理解があるおかげだと。
 働き続けるためには、手抜きはできないのだと。

 彼女の収入のおかげで、家を建て、家族で外食もする事が出来る。
 夫もその恩恵を受けている。

 その夫婦の間のことであり、私がとやかく言う筋合いはない。
 ただ、驚くばかりだ。

 何故彼女は、家事全般をきちんとこなすことが自分の責任であると思い込んでいるのだろう。働くことに、夫の許可が必要であるということが、彼女にとって何故自明のことなのだろう。

 夫はなぜ、自分には彼女が働くかどうかを決定する権限がある、と考えるのだろう。

 しつこいようだが、その夫婦の間のことであり、私がとやかく言う筋合いはない。
 ただ、驚くばかりだ。

 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-09-21 23:13 | 疑問のまま
<< 山代巴 責任考 1 >>