効かない脅し・・・子どものメルクマール

 昨日、友人が自宅に遊びに来てくれて、さまざまなことを話しているうちに思い出したことがあった。

 息子が保育園か小学校の低学年のころ、私に怒られたか何かで拗ねているとき、
 「もう、僕、ママの作ったご飯たべないもん!!」
と言った。私が、
  「あなたが食べなくても、ママのおなかは減らないんだけど。」
と答えると、黙り込んでしまった。
 風情としては精一杯私を脅しているつもりらしいが、その言葉は全く脅しとしての機能を果たしていない。私は、これが子どもなんだ、と、何か大きな真実に触れたような感動を覚えた。

 以来私は、この、「効かない脅し」を使うかどうかを、年齢に関係なく、この人は大人、この人は子ども、と判別するメルクマールにしている。

 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-03-29 11:37 | 息子
<< 国家試験合格おめでとう!!不合... ヘルニアは撫でると引っ込んだ。... >>