網タイツは効果的

 息子がまだ小学生のころ、よれよれのTシャツが好きだった。
 よれよれになればなるほど愛着が湧くらしく、襟ぐりがべろーんとなったものを好んできていた。

 そんな時、夫の職場で、家族参加のボーリング大会があり、夫は少々ボーリングが得意な息子を連れて行こうとした。しかし、夫としては、他の人の手前、襟ぐりがべろーんとなったTシャツを息子に着てこられると困るらしく、
 「パリっとした格好をして来なさい。」
と言った。すると息子は、
 「それなら、いかない。」
と言い放った。夫がなんと言おうと、いやだと言って聞かない。

 息子としては父親の顔を立てるために、そんなに行きたくもないボーリングに行くのに、襟ぐりがべろーんとなったTシャツを、わざわざ生地のしっかりした上等のトレーナーに着替えるのは不本意なことであるらしかった。
 「見たいテレビもあるのに付き合うのだから、着るものまでうるさいことを言ってくれるな。」
ということであるらしい。

 私は、夫の気持ちも充分すぎるほどわかるので、
 「お父さんにも面子というものがあって、お父さんの面子を立てるために行くんだから、ここはひとつ、パリっとしていきなさい。」
といってみたが駄目だった。

 私もだんだん腹が立ってきて、
 「お父さんのお付き合いの中に入るんだから、お父さんの面子を立てなさい。それができないんだったら、母さんもあんたの友達に対する面子を考えないよ。なんだったら、参観日に網タイツはいてミニスカートで行こうか。友達はなんて言うかな。面白いな。」
と言ってやった。

 それでやっと、息子は、不承々々パリっとした格好をして、夫に連れられてボーリングに行った。

 ボーリング場では、若い女の子にちやほやされてそれなりに楽しかったらしく、満足げな顔で帰ってきた。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-10-04 23:17 | 息子
<< お詫び 相田みつを が見れないわけ >>