「ほっ」と。キャンペーン

うちの嫁に

楽しい電車

 私はただの一度も経験はないが、私の世代ではまだこんなことが現実にあった。親御さんに気に入られて、「ぜひうちの息子の嫁に。」と請われて嫁ぐ、というようなことだ。

 実際、私の小学校の頃の友達が、勤務先の銀行で取引先の資産家に見染められ、「孫の嫁に」と請われて交際が始まり、ついに結婚したのだ。

 当時の私にとって、そんな結婚は信じられないことだった。請われもしないで言うのもなんだが、そんなことで相手の男性が結婚してもいいと思えるほど好きになれるだろうか、と訝しかったのだ。

 そんなことをいう親や祖父母もどんな気持ちで言うんだろうと思っていた。

 が、一昨日私は理解したのだ。

 「こんな子が息子の妻になってくれたら・・・・・。」

 名前も聞かずに別れたのは、私なりの抑制だった。
[PR]
by mayumi-senba | 2010-12-27 21:26 | 自分のこと
<< お正月が終わる 楽しい電車 >>