花も団子も

 父や祖父は寒い時期に、関西で言うところの「パッチ」を履いていた。年若いおじも、結構いい男のクセして、「パッチ」を履いていた。

 祖母が、
 「人間、シモ(下半身)を冷やしたらろくなことがない。」
といっていたので、我が家の男どもは「パッチ」ははくものだと思ってはいていたように思う。

 私が中学になって、真冬も当然制服のスカートに、コットンのソックスだけといういでたちで通学しようとすると、祖母は何か恐ろしい物でも見るように、
 「女の子がシモを冷やしてどうする。子どもが産めんようになるやんか。」
といって、分厚いウールのタイツをはけという。 
 私も寒いのでいわれたとおりにした。無地ではあまりに色気がないので、白いレース模様にしてみたら、やっぱり先生に注意された。
 私は、
 「おばあちゃんに言ってください。」
といって、冬の間中そ知らぬ顔でタイツをはいて通学したので、寒い思いをしなかった。

 友達は、
 「すごいな。あったかそうやね。」
と口々にいったが、誰もあとに続く者はいなかった。しかし、うらやましがるのだった。

 年頃になり、さすがの私も色気づき、「花より団子」ではなく、「花も団子も」ということで、ストッキングにスカート姿を楽しむようになった。もちろんジーンズでいることも多かった。

 そのころの男の子達は、どんなに寒くても例の「パッチ」をはくことは死ぬほど恥ずかしいことだと思っているようだった。

 そんな中で仮にB君としておこうか、ある日B君のズボンの下からパッチがちらりと見えた。
他の男子に、
 「お前、パッチはいてるんか。おっさんみたいやな。」
と言われたりしていたが、彼は、
 「寒いんやからはいたらええヤンケ。何がおかしいねん。アホやな、おまえら。」
と澄ましている。私はそれを聞いて、B君が猛烈に好ましい男に思えてきた。要するに、惚れたわけです。

 以来、私は寒い冬にはパッチを平気ではく男に惚れているようだ。これはもうスイッチのように、好ましく思えてしまう。理性とは別のところの働きだと思う。

 これって、小鳥は離れて育ったいとこに最も惹かれる、という実験結果に近い感じがする。

  近くで育ったいとこや兄弟に惹かれることには抑制がかかるのだそうです。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-10-25 22:44 | 自分のこと
<< 好きでないものに限って御託を並べる。 ジェンダーフリー 試論 その2 >>