食べ物の力

 私の祖母が直載に過ぎるのか、関西という土地柄がそうさせるのか。

 「美味しいモンさえ食べさしといたら、男はちゃんと帰ってくるもんや。」

 私と妹は幼いころから、祖母にこういい聞かされてきた。祖母の娘であるおば達も、口を揃えて言っていた。

 彼女達はある意味正しく、ある意味間違っている。
 美味しいモンさえ食べさしといたら帰ってくるような男を選んだら、美味しいモンさえ食べさしといたら帰ってくるんである。美味しいモン食べさしても帰ってこんような男を選んだら、美味しいモンを食べさしても帰ってこないだろう。

 Simple is the best

を地で行く結婚観である。

 しかし、祖母の相方である祖父は、実は遊び放題遊んだあと美味しいもん食べにうち帰ってきた。戦中も戦後も、あまり子供たちにひもじい思いをさせなかった、ある意味甲斐性のある祖父に、文句の百万言をぶつけながら、祖母は祖父の好きな食べ物を用意し、そして祖父は、
 「そこまで言われて帰ってくることはないのに。」
と孫が思うほどの罵声を浴びながら、確かに帰ってくるのである。

 ある種の人間、これは私も含まれていると思うが、にとっては、食べ物というのは恐るべき力を発揮する。

 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-11-03 00:44 | 世間のこと
<< へつらう人 好きでないものに限って御託を並べる。 >>