美味しい野菜炒めの作り方

 学生諸君と息子に捧ぐ。

 私が一人暮らしを始めた頃、作り始めたのは野菜炒めのバリエーションだった。

 一品か二品の野菜と、鶏肉か豚肉か牛肉かベーコンか。
 組み合わせは相当考えられるけれど、「学生が作る野菜炒め」の域を出ない。

 あるときテレビで、 
 「火の通り方で、野菜の味はずいぶん違う。」
という、今思うと当たり前のことを言っていた。

 そういえば、中華料理店で食べるいため野菜の美味しさは、私の作るものとは素材が違うのではないかと思われるほどだ。

 そこで、その時からしばらく、単品の野菜炒めを作り続けた。

  フライパンの使い方としては箸などで混ぜるのではなく、フライパンをゆすって中身を返すようにする。味に圧倒的な差が出る。
 これは、くず野菜などで火を使わずにフライパンを使って練習する。すぐには上手くならないけれど、10分も練習したら結構できるようになる。

 熱したフライパンに油を入れたら、シャキッとさせたキャベツならキャベツをフライパンを返しながら炒め、途中でつまみ食いをする。そして、火の通り具合による味をくらべていく。炒め物に一番いい火の通り具合を体で覚えていくのだ。

 これをいろんな種類の野菜で試していくと、何種類かの野菜を使った炒め物も、自然に入れる順番が決まってくる。

 ガーリックパウダーと塩コショーだけで、そうとういける野菜炒めができるはずです。

 そこから先は、調味料との組み合わせもあって、無限の楽しみ方できるわけです。

 追伸:こんなことしてないで、この熱心さで勉強したら、みんなきっと偉くなると思います。
[PR]
by mayumi-senba | 2005-01-09 18:56 | 美味しい!
<< 妻の介護をする夫 差別について、思うこと。 >>