死刑について「場合によってはやむを得ない」と答えた人

死刑を容認、過去最高の81%…内閣府調査

 死刑制度を容認する人が過去最高の81・4%に達したことが、内閣府が19日発表した「基本的法制度に関する世論調査」の結果で明らかになった。

 犯罪被害者の権利が「尊重されていない」と感じている人は70・6%で、1999年の前回調査より7・5ポイント増えた。凶悪犯罪の頻発などが影響したと見られる。

 調査は昨年12月、20歳以上の男女3000人を対象に実施された。回答率は68・3%だった。

 死刑について「場合によってはやむを得ない」と答えた人は、前回調査の79・3%から2・1ポイント増え、初めて8割を超えた。

 容認の理由(複数回答)は、「凶悪犯罪は命をもって償うべきだ」が54・7%で最多。「廃止すれば凶悪犯罪が増える」が53・3%、「廃止すれば被害者や家族の気持ちがおさまらない」が50・7%で続いた。

 「どんな場合でも死刑は廃止すべきだ」との回答は前回調査比2・8ポイント減の6・0%。廃止を求める理由(同)は、「罪の償いをさせた方がよい」が最多の50・4%で、以下は、「裁判に誤りがあったときに取り返しがつかない」が39・0%、「国家であっても人を殺すことは許されない」が35・0%の順だった。

 関心を持った刑事事件(同)は、「殺人、強盗などの凶悪犯罪」が85・5%で最も多かった。2番目の「窃盗、詐欺などの財産に関する犯罪」は同18・8ポイント増の52・0%で、相次ぐ「振り込め詐欺」事件などの影響をうかがわせた。

 犯罪被害者の権利が「尊重されている」と感じる人は同5・5ポイント減の15・9%にとどまり、被害者の権利保護が不十分との見方の広がりが浮き彫りとなった。
(読売新聞) - 2月19日21時14分更新


 死刑を容認することは、冤罪であったら、取り返しがつかない犯罪に加担したことになる。
 死刑があることで犯罪を思いとどまるような犯罪者は、終身刑でも充分抑止になると思う。
 そんな気がします。
[PR]
by mayumi-senba | 2005-02-23 00:00 | 世間のこと
<< 私が知らないことをよく知っている 代わりに謝罪することについて。その2 >>