30代、夫からの離婚申し立てがふえている?

 少し前まで、熟年離婚が話題になっていた。妻が夫の定年直後に離婚を申し立て、退職金の半分を受け取って離婚する、というアレである。

 1996年の離婚総数52208件
        うち、夫からの申し立てによるケース14813件
           妻からの申し立てによるケース37395件

                        (離婚に関する統計  ~司法統計より~)


      圧倒的多数が妻から言い渡されていることになっている。


 ところが今、30代ではの夫から妻に向けて離婚の申し立てをするケースが増えてきているという。

 30代の妻からの申し立てによるものの実数も増加率もわからない、夫からのも同様という状態であるが、とにかく夫からの申し立てによるケースが増えてきている気配があるんだそうな。新聞社に勤める知人によるとである。嗅覚のいい人なので、そうかもしれないと思う。

 統計に出てくる「妻から」、「夫から」というのは、実態から離れているケースがあるので、どこまで信用していいのかわからないのだ。そばで見ている人間でも本当の所はわからないのではないか。

 実際の所、どうなんだろう。

  

 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-04-21 00:03 | 世間のこと
<< 褒める、褒められる。 窓の鳥 >>