「ほっ」と。キャンペーン

働かないことの意味

生活保護、という制度がある。

 この人には必要だと万人が文句無く思える人がいるし、この人がもらうのは誰もがおかしいと思われる人もいる。

 そもそも制度というものはそういうものだと思う。

 誰かを救おうとすると、その救う仕組みそのものが、本来自立すべき人の自立をそぐことになる。仕組みを食い物にしようとする人もでてくる。

 誰からも文句の出ない制度など、目指すべき存在としてのみ存在しうるのだ。

 しかしこのごろ思う。

 生活保護という名の報酬を納税者から受け取ることで、その人が働かないで生きていること自体が、納税者である我々にに多くのことを教えてくれたり、何かに気づかせてくれたりしている、と思うことがある。

 もちろん働こうと思えば働けなくもない人なのに、である。

 風のように生きている。

 本当にそう思わせてくれる人がいる。
 一緒に酒を飲んだら、至福の時間だった。

 もちろんその人は、私に至福のときを過ごさせようなどとは思っていない。
 私の役に立ってやろうなどとも思っていない。
 ただ一緒に飲んだ。

 そして風のようにどこかへいってしまった。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-04-26 23:26 | 世間のこと
<< 汚くって結構 カップの色 >>