「ほっ」と。キャンペーン

変わるわね

二十数年前に真っ赤な顔をして生まれてきた姪っ子が、赤ん坊を育てながら、切子作家をしている。あ、忘れかけたが夫もいる。

欲目なのかセンスがよい。

注文したがなかなか商品は届かず、というのも、結構ファンがいるので、おばさんは後回しになってるらしい。

こんなこと、読んで誰が面白いだろうか。しかし私は面白くて書かずにはいられない。

あの、手の動かし方がわからずに、意味のない動きを繰り返してばかりいた赤ん坊(当たり前だ)だった子が、いまや繊細な工芸品を作っている。

考えてみれば息子は、鱧好きのあまり自分でさばいたりしている。仕事をして給料ももらっている。

そういえば私も、父にそっくりで残念な顔立ちの赤ん坊だったが、今や、「先生」などと呼ばれている。生涯で言えば、「先生」と呼ばれた回数が最も多いのではないか。もはや、私を名前で呼ぶ人は、年長の親戚のみ。10人いるだろうか。

赤ん坊は、生きていれば年をとり、体も心も環境も刻々と変わる。

当たり前だが、私には不思議で面白いのである。
[PR]
by mayumi-senba | 2014-11-12 22:02 | 疑問のまま
<< 雍正帝 醍醐味は続く >>