汚くって結構

何人かのプリゴ人さんのうちのおひとりへ

本当にそう考えているだろうか?

 私も、もういい大人なので平気な顔して嘘もつきますが、これは嘘、これは本当といってると嘘ついたことににならないので、困ったな・・・・。

 「歴史は繰り返す」けれども、「後戻り」もできないですね。

 息子たちは小学生のころ、三国志というゲームをしていて、
 「あんまり領土を広げたら結局ややこしいことになるからな・・・。」
って言いあってました。
 子どもにも植民地主義の不経済性はわかるんだと思って、感心しました。

  私は自分が奇麗事を言ってるとは思ってないんですよね。
 「女にとって戦争は迷惑だ。」
といってるだけで。

  実際今の戦争で、非戦闘員が巻き込まれないなんてことはありえないから。

  戦争に巻き込まれたり、恨みを買ってテロの被害にあったりするの、嫌ですね。
生活をなげうとうとは思わないけど、少し不自由をしてもいいと思います。

  それに、
 「戦争は反対だ。」
と言ってる人がいない国になることが、ややこしい国際社会を生き抜いていくのに、戦略的に賢明なことだとはとても思えないですね。
 そんな単純なものじゃないですからね。人間も社会も。

 少なくなってきたら、何割かの人にお願いしてもいいんじゃないかな。
 「戦争反対。」
って言って、って。一枚岩の国も組織も、脆弱でしょ。

 それから、お年を召した女性がどうしていきなり槍玉にあがってるのかな。

 私のエゴイズムを突き詰めて、さらに突き詰めていけば、
 「地球上のどこでも戦争はしないでくれ。」
ということに行き着きます。

 汚くって結構。
 

 

  
[PR]
by mayumi-senba | 2004-04-27 17:31 | 世間のこと
<< おでこの怪我・・・幸福のしるし 働かないことの意味 >>