ヒトがヒトを殺すとき

 人は人を殺す。
 殺した後、殺人者は、
 「なぜ殺したのか。」
と問われ、さまざまな理由をのべる。その理由には、
 「それなら私だって自分が死んでもいいから殺したいと思うかもしれない。」
と思われるようなこともあるし、
「まったく不可解。」
なこともある。

それらを記録に残すことはもちろんしなければならないし、なぜ殺人が起こるのかということを考えるためには必須の資料であろう。

けれども、殺した後に殺人者が述べた理由は、たとえ当人が本当のことを言っているつもりでも、言葉にしきれていなかったり、無意識に封印してしまっていることがたくさんあるだろう。それに加えて、意図的な嘘がある。

      ・・・・殺人は(広い意味の)家族内でより多く起こっている。

人がなぜ人を殺すのか、を考えるときに、加えていいひとつの視点を与えてくれる。

 ヒトがヒトを殺すとき-進化論からのアプローチ-

 人が人を殺すとき―進化でその謎をとく

 殺人を肯定するためではなく、殺人を防ぐために。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-06 12:51 | 世間のこと
<< 言葉の砂時計 ブログランキングの謎がとけた >>