根から葉まで(ねーからはーまで)聞くもんやない。

 なんにつけ、

 「え、なんで?」

と思うことが多い私は、ブログをはじめてから、タガが外れたように疑問が沸いてくるようになった。まるで子どものころに帰ったみたい。

 大人になって、結構自分を押さえ込んでいたんだなと思う。

 子どものころと変わらないのは、次々に疑問に思っては、次の疑問のためにそれがかき消され、たまに解決することがあっても、ほとんどは未解決のままその日が暮れていく、ということだ。

 「疑問はいつか解決されるべきもの」
ということを、いつの間にか刷り込まれていたに違いない。疑問に思ったら解決しなければならないのだったら、疑問に思うことは重いものを背負い込むということである。
 無意識に疑問が沸き起こるのを抑え込んでいたに違いない。
 
 ブログをはじめてから、未解決なまま忘れてしまいそうな疑問のうちのいくつかは残しておけるようになった。
 誰にということなく書いておいて、気が向いた人が一緒に考えてくれたり、疑問は疑問のままで共有してくれたりして、私の疑問たちの中にかすかに陽の目を見るものが出てきたということだ。

 安心して疑問をいだくようになった。
 変な話だが、
「解決しないに違いない疑問を心置きなく抱く。」
ということが、大きな解放感を私にもたらすことになるいうことがよく分かった。

 子どものころは、周りに大人がいると、つかまえてはしつこく、
 「なんで?なんで?なんで?」
と聞いていたので、
 「なんでも根から葉まで(ねーからはーまで)聞くもんやない。」
と、よく叱られた。
 ここのところが今と違う。なんでも根から葉まで(ねーからはーまで)聞くもんやない、と私も思う。

 解決しようがしまいが、疑問は疑問のまま、気持ちよく日々が過ぎていくので、しつこく聞かない。

 未解決の私の疑問たち、私は、あなたたちのおかげで幸せに暮らしています。

 合掌

 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-16 18:46 | 自分のこと
<< 高い高いビル 壁紙変更 さざなみ >>