「ほっ」と。キャンペーン

恥ずかしい国家の品格

国家の品格

 いえ、実際読んでいない本のことを云々することのハシタナさはわかっているつもりですが、この本が売れるというのは「恥ずかしいこと」のような気がしています。
 
 オリンピックに国家の威信をかける国を見ていたら、何か気恥ずかしい。
 
 金メダルがほしいなと思ってがんばっている人が、金メダルを取って喜んでいたら、それはそれでうれしい。取れなかった人も、「悔しさ込み」で楽しんでくれたらいいな、と思える国でありたい。

 和歌や俳句はいいなと思うし、この面白さをいろんな国の人が愛でてくれるとうれしいけれど、別に誇る必要はない。

 日本人がカレーを好むように、日本人で無い人が寿司を好んでくれたら、要するに、自分と同じものを好きだといってくれたら、その人に好感を持ってしまう心性を私も持っているので、「うれしい」でよいではないかと思うのです、私は。

 なんだか眠いのに眠れなくて書いているので、意味不明、でしょうか。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-03-21 04:13 | 世間のこと
<< セクシーな美味しさ  共感覚 記念日 >>