鯨羊羹

 尾道在住で敬愛する人生の先輩からいただいた鯨羊羹

 さらし鯨は嫌いじゃない。酢味噌で食べるのは、積極的に好き。おでんの「ころ」も美味しい。

 その味がしっかり脳の記憶領域に納まっている私としては、あの形を模して羊羹にした人の気持ちが分からない。

 
鯨の皮を意匠に取り入れ菓子にして愉しむ、私たち日本の先人達の美意識の高さと生活を豊かにする姿勢に頭が下がります。
 

  こう書き込む人も分からない。
 
  分からないけれど、羊羹は美味しい。白い部分は羊羹というよりもち米の食感を残した外郎のような蒸し菓子な感じ。あっさりしていて品のある甘さ。

 とってもお勧めなのに、私の友人は、
 「そんなもの食いたくも見たくもない。」
と言った。

 本当に美味しいですよ。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-05-05 23:50 | 美味しい!
<< ロスト・イン・ラ・マンチャ 疲労がたまる >>