「それってどうなの主義」宣言

それってどうなの主義

って、「何か変だなあと思ったときに、とりあえず、「それってどうなの」とつぶやいてみる。ただそれだけの主義」なんだそうです。

 私も今日から「主義者」です。

 
一、「それってどうなの」は違和感の表明である。
 世間に流通している常識、言葉、流行、情報、報道などに違和感を感じたときには「それってどうなの」と口に出して言ってみる。その違和感は、たとえ小さくても長く心に保存・蓄積され、世の中を冷静に見る癖をつけてくれるでしょう。

 一、「それってどうなの」は頭を冷やす氷嚢である。
 人生の中で重要な決定を下すとき、大きな波に呑まれそうになったときには「これってどうなの」と自問する。それは頭の熱を下げ、自分を取り戻す時間を与えてくれるでしょう。

 一、「それってどうなの」は暴走を止めるブレーキである。
 だれかが不当な扱いを受けていると感じたとき、周囲でよからぬことが進行していると感じたときには「それってどうなの」と水を差す。相手がふと立ち止まるキッカケになるかもしれません。

 一、「それってどうなの」は引き返す勇気である。
 会議の席で寄り合いの場で、あれよあれよと物事が決まっていくことに抵抗を感じたら、手をあげて「それってどうなんでしょうか」と発言する。意外な賛同者が現れ、流れが変わるかもしれません。


[PR]
by mayumi-senba | 2007-05-29 00:00 | 世間のこと
<< 恋風 バベットの晩餐会とワン・マンズ... >>