体育館の屋根

ついさっき投票を済ませた。

 投票所は息子が通っていた小学校の体育館。

 彼が現役の小学生のころ、仲良しの男の子のお母さんが耳打ちしてくれた。

 「あの子達、体育館の屋上に上って先生に叱られたらしいよ。」

 もちろんわたしも後で思い切り叱っておいたが、あれくらいの子で、運動の得意な子であれば、体育館の屋上はそんなに危険ではない。

 ということを私は知っている。
 私も登っていたからだ。
 私は叱られたことがないということは、要するに告げ口する奴が周りにいなかったので、人徳の差、ということになるかな・・・。
 
 両親にもばれなかったし。

 高いところに登るという点では、身体能力として最高の時期だった。

 もちろん息子も私も、何事もなく過ぎたからよかったものの、転落していたらただではすまなかったはずだ。

 過ぎてしまったことゆえに言えることだが、順位をつけるならこういうところかな。
  
  1.少し危険なことをして、怖い思いもしたが軽い怪我だった。
  2.少し危険なことをしたが無事だった。
  3.少しの危険も避けたので無事だった。
  4.少し危険なことをして大怪我をした。
  

 現役の子育て中のお母さんにとっては、
 「これを聞かされたからって、私はどうすればいいのよ。」
という感じでしょうね。

 親が迷い続ける間に、やる子はやるんですね。どちらにしても、危ないことはしてはいけませんというしかないし、こっそりやっているのがわかったら、思いっきり叱るしかない。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2007-07-29 19:04 | 息子
<< 疑り深い人 私は魔女 >>