「ほっ」と。キャンペーン

アイデンティティ のこと

我が家のK嬢、あまり賢いとは言いがたい3歳7ヶ月、シーズー。

 彼女は、自分が何者であるのか、ということにまったく関心がないように見える。
 自分が賢いか賢くないか、チャーミングかそうでないかということにもまた関心がない。

 彼女が、かわいくもふてぶてしく見えるのは、この、「自分が何者であるか」ということに煩わされない、この一点に尽きる。

 ような気がする。

 人間であっても、そこにあまり関心を払わない、あるいは払わなくてもすむ、払う能力がない、というような人は、かなり気楽に生きている、ように見える。

 ある有能な女性が言った。
 「仕事ができない、といわれるのがいやだ。」

 私は彼女が大好きだが、彼女が「仕事ができないと言われるのがいやだ」といったその評価の主体である人は、どうでもいい。

 もっと言えば、その人に何を言われても、わたしは痛くも痒くもない。面と向かって言われたら多少不愉快かもしれないが、私の知らないところでなら、八百万言の悪口もかまわない。
 (最近中国のドラマを見るので、物言いがちと大げさ)

 自分が何者であるかという幻想を形成するのに、他者の眼差しが必要である。
 無論私もそうであるが、彼女は私よりしんどいだろうと思う。

 しかし彼女はむしろ自覚的なのである。自分をかきたてる者が他者の眼差しであるということに。

 もっとつらいのは、他者の眼差しと自分のそれとを区別できない人だろう。
 
[PR]
by mayumi-senba | 2007-08-13 21:50 | 世間のこと
<< 消えてなくなる 結婚について >>