消えてなくなる

  少し迷ったが、やはり書いておこう。

  今日、近くのデパートに買い物に行って、地下駐車場からエスカレータに乗り、食品売り場に向かうときのこと。

  急に、消えてなくなりたい、という衝動に捉われた。

  私の周りを、目に見えない綿のようなものが取り囲み、少し息苦しい。

  どうして買い物などしなくてはならないのか、というところから、思考力がどんどん鈍くなる。

 それでも何とか野菜などの買い物を追え、外に出ると合点がいった。

 頭上に雲がどんよりとかぶさるようにひろがっていた。デパートに入るまでは雲がほとんどない青空だった。

 リウマチの人が、関節痛がひどくなるときに一致して起こるようだ。

 いつものことなので後で合点がいくが、実はその最中は、そんなことに思いが至らない。

 よく晴れて青空が広がると、うそのように消えてしまう「症状」だ。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2007-08-16 00:14 | 自分のこと
<< 重い荷物 アイデンティティ のこと >>