嫉妬

嫉妬

 yaritai-houdai さんが言いたかったこととは、ちょっとずれたこと書きます。

 たとえば
 「嫉妬してはいけない。醜い。」
と言われても、嫉妬心が起こるときには、それを抑えることはできないですね。

 できるのは、嫉妬していないふりをする。、ということだけ。

 嫉妬してはいけない。

と思うよりは、

 嫉妬してるけど、それは表に出さないでおこう。
と考えるほうが、少し気が楽かもしれない。

 相手が自分の心を支配できないように、自分が相手の心を支配することもできない。

 テーマに似合わず、我ながら淡々とした書きよう。

 なんかね、私は嫉妬心が子どものころから薄いんですよ。あんまり起きない。
 ちょっとつまらないかもしれない。

 いろんな種類の嫉妬心があるけど、嫉妬心がおきてもいいような状況の時には、関心が他にそれてしまう。
 努力してそうなるんじゃなくて、いいかっこするわけでもなく、「そうなってしまう」感じ。

 ちょっと自分でも不思議です。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-07 14:19 | 世間のこと
<< 独占欲の性差 ラブレター >>