重い荷物

 「男女平等だというのなら、重い荷物を男にばかり持たせるな。」

と、ある人が夫から言われたことを、悔しさ半分、あきらめ半分で言っていた。

 彼女も私も女だが、私より体力が劣っている老齢の男性には重い荷物を持たせずに、自分が引き受ける。同じ荷物から受ける苦痛の度合いが違うからだ。

 もちろん、自分より力がないと思われる男の子や病を持つ人などにもそうする。

 重い荷物を持つというのはそれだけのことだ。

 恥を知る人が言える言葉ではない。

 
 
[PR]
by mayumi-senba | 2007-08-25 19:07 | 世間のこと
<< 限界を知る 消えてなくなる >>