強い、ということ。

息子を守れる範囲

息子がまだよちよち歩きの頃のこと。

 私が油断したのだが、気がつくと、細いけれども車がぎりぎり離合できる道の幅の4分の1くらいのところに、無邪気な顔をした息子がいた。そしてそこに車がやってきたのを見て、私はなんのためらいもなく飛び出して息子を抱いた。

 今ここでこんなことを書いていられるのは、車がほんの数センチ手前で停車したからだ。

 あの後、どう思い出しても、そのときの私にはためらいはなかった。自分で、
 「私は、動物なんだなー。」
と心底感心した。

 怖いのに挫けずに飛び出したのではない。気がついたら飛び出していた。
 こんなことってあるんですね。

 息子を生む前、こんな設定の映画やドラマを見ては、
 「自分にはこんなことは出来ない。こんなことってほんとにあるのか?珍しいことだからドラマになるんじゃないか?美しすぎる・・・。」
と考えていた。

 それが、当の母親にとってこんなにあっけないことだとは・・・。

 同じ場面で飛び出さずにその場で固まる人もいるだろう。その人と飛び出した私との間には、「何かにそうさせられたという意味」で、違いはない。その瞬間には自分の意思はないのだ。

 飛び出したら二人とも死んでしまうところが、固まったために少なくとも自分は助かったということになれば、固まったほうがよかったことになる。

 私は、そんなことを、偉いだとか美しいとかという言葉で飾って欲しくないな、と思った。強いとも言って欲しくなかった。

 「私も子どもが欲しいな。」
ということも、そう思おうと努力したわけではなく、思ってしまったわけで、こんなこと、人に頼まれたり、世間体のために「しよう」と思ってするものではないし、出来るわけでもない。

 というのが私の実感です。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-15 20:19 | 息子
<< 強い、ということ  続 少子化は危機か? >>