「ほっ」と。キャンペーン

警官女性射殺で大家提訴

2008/05/29-11:57 警官女性射殺で大家提訴=アパート取り壊し-東京地裁支部
 東京都国分寺市で昨年8月、警視庁立川署巡査長が知人女性を拳銃で射殺し自殺した事件で、現場アパートの大家だった男性が、借り手がいなくなりアパート取り壊しを余儀なくされたとして、東京都を相手に約2520万円の損害賠償を求める訴訟を29日までに東京地裁八王子支部に起こした。
 訴状によると、アパートは1984年に建築され、2004年4月にリフォーム。少なくとも今後10年間で計約1800万円の賃料収入が得られた。しかし事件後、賃借人が「事件のあったアパートには住むことができない」と相次ぎ退去。建て直しても、事件を入居希望者に重要事項として説明せざるを得ず、新規賃借人は見込めなくなった。
 また、現場となったことで、警察への捜査協力に加え、殺到したマスコミへの対応に追われたなどとして、慰謝料100万円も合わせて求めた。

警官女性射殺で大家提訴

 気になって保存しておいた記事。

 私が賃貸物件で誰かを薬を使って殺害したうえ自殺をしたら、私の勤務先の病院はその家主から損害賠償を請求されるのだろうか。私の勤務先にはそんな責任があるのだろうか。

 犯人の勤務先が国家であるということで損害賠償するというのなら、賠償する主体となる国民は公務員の私生活にまで責任を負うことになる。それならば、われわれ国民は、公務員の私生活に相当縛りをつけなければならない。

 同じ理由で、私の勤務先の病院は、私の私生活に相当踏み込んで、監視管理するようになるだろう。

ps:息子いわく、犯人が占有者として拳銃を使っているということで、その所有者としての管理責任があるではないか、ということ。そういわれればそうだな。そんな簡単なことがわからなかったのか・・・・。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2008-06-19 20:52 | 世間のこと
<< 夫の死の真相を明らかにしたい!... 色っぽい幼児 >>