フェイクが好きよ

  お盆の週にスコットランドの学会に参加するために休みを取っていた同僚が、お土産に石そっくりのチョコレートを買ってきてくれた。

  薬剤部では、なぜこの石が土産なのかわからなかったらしい。チョコレートと聞いても、どうやってあけて食べるのかと思ったくらい。
 いろんな種類の石にしか見えないチョコレートだった。
 食べると、やはり日本のチョコレートにはない甘さのミルクチョコレートだった。

  私はなぜか、子どものころからフェイクが好き。

  栄養科が栄養指導用にそろえている食品見本も、実は垂涎で見ている。
  圧巻は 、1キログラムの脂肪の見本。
a0011256_23155937.jpg


 だまし絵美術館が話題になったらいち早く東京まで行った。
 いえ、そこに行きたいために学会に行った。

 こんな感じ

 「乾隆帝その政治の図像学」 中野美代子 著

を読んでいたら、乾隆帝もだまし絵を描かせていることがわかった。

 この本は、彼の資質ゆえに興隆を極めた美術から、彼の資質と皇帝という地位がおりなした特異な個性が謎解きのように解き明かされていて、学問というのは面白いものだとしみじみ思わせてくれるものだが、

 あんまりフェイク好きだと、そのうち誰かに何かを分析されてしまいそうだが、

 そんなこと気にしないことにして、「好・き・」
[PR]
by mayumi-senba | 2008-08-28 23:44 | 自分のこと
<< そのわけは法要 レゲエは今よ。 >>