笑われたこと

 母が事故にあい、命に別状はないが、骨折などもあるという事を聞いて、私は、すぐ実家へ帰った。たいしたことはないが、下あごが折れており、口が開かず、ものが食べられずに口も利きにくい。

 それでも、脳や手足の後遺症を残すようなことがないのでひとまず安心した。
 結局、味覚障害が後遺症として残った、と本人は言っている。私と妹は、もとからや、と思っている。

 もう、20年位前のことなのだが、とても印象に残っている。

 行きつけの料理屋さんでその時のことを話すと、大笑いされたのだ。それも、いつまでもいつまでも、終わらないのかと思うくらい。

 何がおかしいのかたずねると、

 母親の事故と聞いて、
 「取るものもとりあえず、生ごみ処理して、高速に飛び乗った。」
と私がいったことだそうである。

 「取るものも取り合えんのに、生ごみ処理したん?」
 あんなに笑われたのは、生まれて初めてだった。
 
 そんなにおかしいですか?

 いえ、恥ずかしいことはしていないんじゃないですよ。もっと恥ずかしいこといっぱいあります。

 これは、あの大将のツボにはまったんですね。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-08-05 14:22 | 自分のこと
<< 入道雲とひまわり。 教えたろ、のおばさん。 >>