強いと弱い

 「ボクちゃんはホントはナイーブで弱い人間なんだよ。」
と、私たち後輩からは普段、
 「一番怒りやすくて恐い。」
と、怖れられている先輩が、ある日ポツンと言った。

 それで私が、
 「先生が弱かったら、誰がつよいんですか?」
というと、
 「それは見かけだけだよ。」
と不満そうな顔で答えられた。

  「先生は、弱音を吐きたい時だって、まわりから見たらそんな風に見えないでしょ。みんな苦しいときがあるのは同じだけど、そのときに表に出る態度が強いかどうかなんじゃないですか?
 私なんか、つらいつらいって、もう大騒ぎしてしまいますよ。でも先生はそれが我慢できて、それって、やっぱり強いってことじゃないですか。」
と言うと、先輩は、
 「そうかな・・・。」
と寂しそうに笑った。

 若かったとはいえ、今思うとなんて生意気なことをいったんだろうと思うけれども、今もそれは、真実の一部だと思っている。

 弱音を吐きたいときにぐっと我慢して、少なくともまわりからは冷静だと思われる態度をとり続けること、これはやはり強い。
 でも弱音を吐いてしまって、それから立ち上がって考える人も強い。

 でも、同じ行為が、
 「弱いからだ」
と言っても、それは真実なんだ、と思う。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-08-09 22:19 | 疑問のまま
<< あら!? クローン猫ビジネス、米でスター... >>