歌のうまい女の子

  you tube で可愛い猫の動画を見ていたら、フィリピンの可愛い少女がカラオケで歌っている動画に行きあたって、その子の幼い印象と聞こえてくる歌声のあまりの乖離に、どうしてこんな手の込んだ動画をあげるのだろうと思った。流れているのは彼女ではなく、プロが歌っていると思ったのだ。

  Charice Pempengco

  こんな才能を、世の中が放っておくはずがない。

  これほどの才能を持ってしまった子どもは、大人たちから与えられ、奪われるものを、自分の成長に程よく塩梅して取捨選択することなど、出来るはずがない。

  才能を持たない子ですらできないことなのだから。

  容赦なく与えられ、奪われるものに苦しむ日が来るのだろう。その苦しみを苦しまない歌手を、世間は許さない。

  私は、若くしてすでに広く知れてしまった才能の行く末に来る苦しみを、彼女が乗り越えてくれることを心から祈る。

  

  
[PR]
by mayumi-senba | 2009-08-27 18:49 | 世間のこと
<< 鳩山新政権は記者クラブ開放とい... 少子化についてふりかえる >>