共働きの夫婦のほうが子育ての負担が小さいと考えている・・らしい

女性の社会進出と出生率の関係、地域別分析

で、面白いデータが紹介されています。

共働きの夫婦のほうが子育ての負担が小さいと考えている
これは、周囲を見渡してそんな感じがします。働いている女のほうが、子どもに対する接し方が牧歌的な傾向があるような・・・。それがいいか悪いかは価値観の問題ですが。

雇用労働力に置ける女性の割合が大きい地域ほど出生率も高い。
については、要するに地方のほうが女性も働いていて、子どもを産んでいる、という見方ができませんか。

 昔、夫から
 「仕事をやめていいか。」
と聞かれて、
 「2年ほど、充電してみたら。」
といった記憶があります。
 自分がそうなった時に、同じように答えて欲しいというコンタンがあったからです。

 私にとってはこういった関係が最も楽なんですね。自分が。
 自分が無理しないことは大事なことだと思っています。あまり無理すると、あたるところが必要になりますから。

 この考え方が母にはどうにも理解できないらしいです。
 いまだに、
 「おかしい.」
といいます。
 人それぞれでしょう、というのが理解しにくくて、「女はこうあるべし」が外れないようです。

 でも、ほんの数十年前までは、一握りの女以外は働いていたはずなんですけどね。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-08-23 06:41 | 世間のこと
<< 美術館と博物館 ひまわり >>