伝え上手

 子どもの頃、私には爪をかむ癖があって、爪切りを使って爪をつむということがなかった。

  父にもその癖があって、たぶん無意識に真似ていたのだろう。

  祖母も母も私を叱ったが、父は、私を叱るように言われると、
 「爪を噛むのはやめとき。」
としかたなくいうくらいで、ちょっと困っているようだった。

  父もそうだが、本とか映画とかに熱中すると、気がついた時には痛いくらい爪が短くなっていた。

  中学の頃だったか、父がどこかに旅行したお土産だといって、爪の手入れをする道具がセットになったものを買ってきてくれた。ネイルサロンにあるような道具がセットになって、小さなポーチに収まっていた。ポーチの色は、少し落ち着いた感じだけど、ピンクだった。

 旅行のお土産にネイルセットなんか見たことがない。
 
 父がどこでどんな顔をして買い求めたのだろうかと思う。

 それでも私は、爪をかむ癖がやまなくて、結局、そのネイルケアセットを使うことはなかった。使わないまま、今も引出しにしまいこんである。

 今の私は月に一度ネイルサロンにいき、深爪にすることはないが、手入れをしてもらうたびに、そのセットのことを思い出す。

 私も妹も、父に愛されたという実感をたっぷりもっている。

 愛情深くて、それを伝えるのがとても上手な人だったな。
[PR]
by mayumi-senba | 2009-10-29 22:06 | 自分のこと
<< 中国ですね!! 安全神話崩壊のパラドックス >>