「ほっ」と。キャンペーン

神経質の別名

  神経質、といわれる人がいる。

  たとえば、薬を処方するときには、一応副作用について説明しないといけないので、たとえば、
 「肝機能障害が出ることがあります。」
というと、
 「そんな薬なら飲みたくない。」
と答える。薬を飲まない危険を説明しても、副作用、という言葉がもう魔物のように心を占めているのだろう。聞く耳を持たない。

  「血圧が高いので、薬を飲ませてほしい。」
というが、何度計測しても、高いとは言えない。いつ高いのかと聞くと、動き回ったとき、と答える。私たちがいう血圧というのは、安静時血圧のことで、動き回っている時ではない。また、その動いているときの血圧というのが、どうということのない値。
 血管が破れないかと不安なのだ。
 それぐらいで破れていたら、日本中脳出血だらけである。
 
 でも、これらはまだ本人が自分のことについての意思決定なので、私はとやかくは言わない。

  患者に意思決定能力がない時、家族にこの手の人がいると、患者の生活の質が格段に悪くなる。あらゆる危険を避けようとすると、じっと寝ていることですら危険である。

  どんな人生にも、危険と快適さとのバランスが必要だということが分からない。

  意思を伝えることができる間に、キーパーソンとなってくれる人を選べるなら選んでおいたほうがよいし、意思を伝えておくほうがよい。

 何が言いたかったか忘かけていた。

 神経質、というのは、鈍感の別名である。

 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2009-12-20 14:29 | 世間のこと
<< One of many &q... Hold me tight... >>