地球儀の災難

 自慢をした直後になんですが・・・・。

 息子が3歳の誕生日を迎えたころ、私は、その誕生日を祝った後に、自分にも何かご褒美を、と思って、地球儀を買うことにした。

 私は地理が小学生のころから大きらいで、教科書も地図もまっさらのままその使命を終えるような子だった。

 「出身は北九州。」
といった人に、
 「そんなんアバウトすぎ。せめて県名ぐらい教えて。」
といって、目を点にさせたことがあるぐらい。

 市だと教えられてから、そういえばどっかでそんな偉そうな名前聞いたことがあるな、という程度。(北九州の人、すみません)

 地球儀が欲しくなったのは、
 「世界は広いな、海は大きいな。」
と、ぼんやり眺めたり、クリスマス諸島や天智海山など、面白い地名を見つけたりするのが子どものころに楽しかったのを思い出したからだ。

 ちょっと奮発して、リプルーグルの”ワールド・クラシック・シリーズ リノックス型
を買った。

 その後何ヶ月たったころだろうか、ソ連崩壊というとんでもないことが起こった。その一年前には東西ドイツ統一というこれまたすごいことが起こっている。

 私は、自分の地球儀に、「ひとつのドイツ」と「ソビエト連邦」が記載されていることに気がついて、心が躍った。1990年10月3日以降1991年12月末以内の約1年二ヶ月の間にだけ生産された貴重品、ということになる。
 思わず何人かの友人と夫に自慢した。そして、見るたびに、頬が緩む。だからどうした、といわれたら困るけど。

 そして月日がたち、息子が小学校の中学年になったころ、その地球儀に興味を持ち始めしきりに眺めたりまわしたりしているのを見て、きっと私と同じような楽しみ方をしているに違いないと感じた。変わった名前を見つけては面白がっている。

 私は息子にその地球儀がいかに貴重な物であるかということを得意になって説明した。そしておもむろに地球儀をまわしていると、・・・・・・・・・・・赤いボールペンで地名が丸に囲まれている。しかも何が面白いのかニューイングランド海山列

 思わず
 「アホー!!」
と叫んだが、虚しい叫びだった。

 息子が旅立ち、息子の部屋にあった地球儀を眺めていると、太平洋と大西洋に一片ずつセロテープが張られている。このテープがなぜ必要なのか、私はもはや知りたくない。

 太平洋を越えて私のこの叫びが届いているだろうか。
 「ドアホ!!」 a0011256_10591840.jpg
[PR]
by mayumi-senba | 2004-08-31 07:02 | 息子
<< 無料で見られる、見ごたえあり 不思議な不思議な『夏休みこども... >>