昨日は、陰暦の正月3日。

  冴えた夜空に、三日月が見えた瞬間、邪念の嵐で血が上っていた私の頭が、スーッとクールダウン。

  月は、これまでどれほどの数の男と女を迷わせてきたかしれないし、狼にだってしてきたかもしれないけれど、私については、いつも冷静さと穏やかな喜びを取り戻させてくれるのだ。
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-17 20:56 | 自分のこと
<< 哲学 注目しようよ。 >>