カテゴリ:世間のこと( 215 )

今流行りのタイプです。

メガネが悲しくなるほど似合わない。

 でも近頃のメガネフレームの豊富さはたいしたもので、そんな私でもなんとか様になるものが見つかる。

 最近愛用しているものを購入する時のこと。

 私は店員に、
 「とにかくなんとか様になるものを見つけてください。今つけてるものが今までで一番良かったから、これに近いものが欲しい。」
と言った。

 30代半ばくらいに見えた彼は、次々と私が求めているものとは似ているような似ていないようなものを出してきては、私にため息をつかせるのだった。

 そして必ず言い添えるのだ。 
 「これは最近入荷したもので、今流行りのタイプです。」

 私はそのつど、
 「流行ってるかどうかには関心ないから・・・。」
というのだが、何度言っても言い添えるのだ。

 で、やっと出してきてくれたものが今使っているもので、私は、
 「これならいい。」
と言いながら、顔の角度を変えたりしながら、チェックらしきことをしていた。(何をすればチェックになるのかわからないけど。)

 彼は、
 「これは、今かけておられるのよりかなりいい品です。〇〇製ですから軽くってやわらかく、反りもいいので顔への負担がすごく少ないです。」(〇〇については関心がないので聞いていない)
と言った。私は、品質なんか言ってられないと思っていたので、
 (いい物の中に自分に似合うものがあったのなら、これは僥倖である。)
と満足だった。

 なぜならその時店にかけていった一番お気に入りだったメガネは、別のお店で一番とは言わないが2番目くらいに安く、したがって掛け心地は決していいものではなかった。それでもそれを選ばずにはいられなかった忸怩感は、今でも思い出せるほどである。
 
 そのことを思い出しながら満足している、その私にむかって彼はいうのだった。
 「これは最近入荷したもので、今流行りのタイプです。」

 私はイラっとしたので、つい、
 「関係ない。」
と、言わずもがなのことをいってしまって、自分の不快感の嵩(かさ)を知ったのだった。

 彼が信じ込んでいるほど、この、
 「今流行りのタイプです。」
という言葉は、人にものを買わせる力を持つのであろうか。少なくともそう信じ込んでるように見える彼は、その言葉に弱いのだろう。

 考えてみれば、私はもはやお店の人の、
 「お似合いですよ。」
という言葉にも、まったく動じなくなっている。もはや、と言ったが、20代の頃にはすでにそうだった。

 以前洋服を買っていたお店の店員さんは、本当のことを言ってくれたので信頼して贔屓にしていた。すると、だんだんと、私のために仕入れてきた、という服を出してきてくれるようになり、それは確かに私に似合うのだった。

 私が行かないシーズンもあったから、そんなときその洋服は別の誰かに売られたのだろう。でも彼女はたぶん、その人のために仕入れたとは言わなかったに違いないと思える。


 そのお店は、もうない。
[PR]
by mayumi-senba | 2008-12-09 03:16 | 世間のこと

ノーベル賞を勘違いした日本人と原爆

  前回に引き続き、伊東 乾の「常識の源流探訪」から、

ノーベル賞を勘違いした日本人

 広島、長崎への原爆投下と、科学者、そしてノーベル賞との関係が非常にわかりやすく述べられている。
[PR]
by mayumi-senba | 2008-12-02 21:37 | 世間のこと

ホワイトハウス晩餐会でS・コルベアがブッシュをホメ殺し!

ホワイトハウス晩餐会でS・コルベアがブッシュをホメ殺し!

ずいぶん前の記事だけど、読みなおしてみたらやっぱりすごく面白かったのでご紹介。


 動画


すみません。リンクがあらぬところに行っていたので直しました。
[PR]
by mayumi-senba | 2008-09-21 00:18 | 世間のこと

化粧

もう数年前になるが、女ばかり7,8人でおしゃべりをしていたところ、そのうちの一人が、
 「女性には化粧をしてほしくない。」
といった。みんないぶかしく思い、
 「どうして?」
と聞くと、
 「自分もしないといけなくなるから。」

 それもおかしなことに思えて、
 「なぜ自分もしないといけなくなるの?」
と尋ねると、何か理由があるに違いないのに、彼女は答えられないのだった。

 同調圧力 という言葉で片がつくのかもしれないが、それならそれで、なぜそんなところで彼女は同調圧力の強い影響下に置かれてしますか。そして、そうではなかった我々はなぜ感じないのか。

 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2008-09-14 22:34 | 世間のこと

大相撲大麻吸引疑惑:犯罪ではないのになぜ解雇されるのか

大相撲大麻吸引疑惑:犯罪ではないのになぜ解雇されるのか

同感である。

 犯罪であると確定されるまでは、限りなくシロに近くても限りなくクロに近くても、幅広く容疑でしかないのだと認識している。

 「もし容疑が確定すれば解雇する。」
というのが妥当な措置だと思われる。

 「騒がれていること」が罪になるのなら、明日、私でも誰かを世間から葬れることになる。

 私たちはまだ13歳なのだろうか。
[PR]
by mayumi-senba | 2008-09-10 22:16 | 世間のこと

法務省が裁判権放棄を指示 米兵事件処理で53年通達

法務省が裁判権放棄を指示 米兵事件処理で53年通達

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定

代用監獄

河野太郎が外務省を害務省と呼ぶ理由
[PR]
by mayumi-senba | 2008-08-04 18:51 | 世間のこと

植草一秀さんが名誉毀損の「悪質フライデー記事」で勝訴

植草一秀さんが名誉毀損の「悪質フライデー記事」で勝訴
[PR]
by mayumi-senba | 2008-08-04 11:01 | 世間のこと

夫の死の真相を明らかにしたい!「動燃虚偽発表強制死損害賠償請求控訴事件」傍聴報告

夫の死の真相を明らかにしたい!「動燃虚偽発表強制死損害賠償請求控訴事件」傍聴報告
[PR]
by mayumi-senba | 2008-08-04 10:50 | 世間のこと

警官女性射殺で大家提訴

2008/05/29-11:57 警官女性射殺で大家提訴=アパート取り壊し-東京地裁支部
 東京都国分寺市で昨年8月、警視庁立川署巡査長が知人女性を拳銃で射殺し自殺した事件で、現場アパートの大家だった男性が、借り手がいなくなりアパート取り壊しを余儀なくされたとして、東京都を相手に約2520万円の損害賠償を求める訴訟を29日までに東京地裁八王子支部に起こした。
 訴状によると、アパートは1984年に建築され、2004年4月にリフォーム。少なくとも今後10年間で計約1800万円の賃料収入が得られた。しかし事件後、賃借人が「事件のあったアパートには住むことができない」と相次ぎ退去。建て直しても、事件を入居希望者に重要事項として説明せざるを得ず、新規賃借人は見込めなくなった。
 また、現場となったことで、警察への捜査協力に加え、殺到したマスコミへの対応に追われたなどとして、慰謝料100万円も合わせて求めた。

警官女性射殺で大家提訴

 気になって保存しておいた記事。

 私が賃貸物件で誰かを薬を使って殺害したうえ自殺をしたら、私の勤務先の病院はその家主から損害賠償を請求されるのだろうか。私の勤務先にはそんな責任があるのだろうか。

 犯人の勤務先が国家であるということで損害賠償するというのなら、賠償する主体となる国民は公務員の私生活にまで責任を負うことになる。それならば、われわれ国民は、公務員の私生活に相当縛りをつけなければならない。

 同じ理由で、私の勤務先の病院は、私の私生活に相当踏み込んで、監視管理するようになるだろう。

ps:息子いわく、犯人が占有者として拳銃を使っているということで、その所有者としての管理責任があるではないか、ということ。そういわれればそうだな。そんな簡単なことがわからなかったのか・・・・。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2008-06-19 20:52 | 世間のこと

色っぽい幼児

 数年も前のことになるが、男性数人とテレビを見ていたときに、園児くらいと思われる女の子が艶な着物姿で、色っぽいしぐさで、男を思う女心を歌っていた。

 私は、若い女の子が露出度の高い服を着ているのを見ても、かわいいなと思うだけか、あんたではちょっと痛いな、と時々思う程度で基本的には気にかからない。むしろ、好感を持ってみている方だと思う。

 しかし、この幼女の搾り出すような色っぽさは、見るに耐えないものだった。自分がいったい何をしているのかわからない、その痛々しさに吐き気がするほどであった。

 「これはいけないと思うな。親もテレビ局も。」
と、私は言った。

 男たちは言った。
 「本人がうれしそうにしていることだから、いいんじゃない?」

 幼女がうれしいのは、なぜだかわからないけれど、くねくねとシナをつくって歌を歌うとまわりの大人たちがとても喜ぶ、そのことを彼女は喜んでいるんであって、あのように歌を歌うことではないのではないか。

 実際客席の大人たちはやんやの喝采である。

 彼女はこのテレビ番組以外でも、何度も同じように歌って、そして喝采を浴びただろう。喝采を浴びるたびに、彼女が大人になり、恋愛をしたときに、相手に贈るメッセージや、相手から受けるメッセージを、不適切に送ったり、不適切な受け取り方をするようになる気がしてならない。

 男と女や同性のカップルの間で交わされるコミュニケーションは、では何が適切かといわれると、一口ではいえないが、非常にまずいそれについては確かにあるのである。「適切でない」ものではないものが適切としか言いようがない。

 いつも適切なコミュニケーションが成り立つカップルばかりではないだろうが、そしてそんなカップルばかりの世の中なんてもしあっても退屈極まりないだろうが、みんな適切なときとそうでないときを経て、適切でなかったな、とか、このミッションは失敗だったなとか、そうやって味わい深く年をとっていくのだろうが、世の中には、このコミュニケーションについては「音痴}としか言いようがない人がいる。

 そんな人がいることで、人の世の中は深みを増すような気もするが、わざわざつくり出す必要はないと思う。

 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2008-06-19 02:42 | 世間のこと