<   2004年 05月 ( 54 )   > この月の画像一覧

スマイリング ドーキンス

「利己的遺伝子」(リチャード・ドーキンス)紀伊国屋書店科学選書

ドーキンスの紹介文として、とても素敵だなと思いました。

 物理学で言えば、特殊相対性理論にあたるような、衝撃的な理論だったですよね。

 私も、ドーキンスが後に

 「私達には、私達を産み出した利己的遺伝子に反抗し、さらにもし必要なら私達を教化した利己的ミームにも反抗する力がある。・・・われわれには、これらの創造者にはむかう力がある。この地上で、唯一われわれだけが、利己的な自己複製子たちの専制支配に反逆できるのである」。 (抜粋)

と述べていて、救われた思いがしました。

gon.fly.high さんが紹介されているのは、15年くらい前に出版された版ではないかと思います。最初は1970年代の後半ころだったかと。


 ところで、ningyo-hime さんのコメントより、抜粋。

思春期の頃。
私の使命はと考えること多く。
子孫を残すことと。
その子孫に自分の知り得たことを伝えることと。
この二大使命を先ず最低限の自分のなすべきこととして。
そうしたなら。
生きていくことがすこーし楽になりました。

                      以上

 私は、ningyo-hime さんがそれで楽になったんだから、それはそれでいいと思うのです。ただちょっと、気にかかるのですね。「使命」という言葉が。
 使命とは誰かに与えられた任務。

 自然は、子孫を残さない個体を生み出す、というのは普遍的なことだと思えるのですよ。多様性の一環としてそういう個体を生み出しながら、種としては存続していくようにできていると思います。

 子孫を残さない人は、たまたま、多様性の中のそのくじを引いた人、だと思います。

 多産系の人がいなくなるとは思えませんので、ひっくるめて自然だろうと。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-30 23:11 | その他

吸い込まれる絵 靉光

 吸い込まれるようにその世界に入っていってしまう絵がある。

 そうである絵と、そうでない絵の差はどこにあるのか、30代のころにずっと考えていた時期があった。

 そしてある若葉のころ、木陰を歩いていてふと見上げると、柔らかな木漏れ日と緑。
緑は、色にしたら、幾千種類になるだろう。ありきたりだが、
 「かなわない。」
と思った。そして、この喜びを伴った敗北感を残したい、写真ではなく、絵の具を使って描き残してみたいという衝動が入道雲のように湧いてきた。

 絵心のない私はついに絵筆を執ることはなかったが、私が吸い込まれる絵の秘密の鍵はここにあるんだとおもった。
 
 画家が、
 「描きたい。」
と思ったその衝動が共有できる。

 広島県出身の画家、靉光は、そんな絵を描いた画家の一人だ。 

かます

   参考:靉光 「かます」

  財団法人ウッドワン美術館所蔵



 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-30 15:45 | その他

子供達の血液型ウォッチング


秘密の箱を置き、開けちゃダメと念を押して園長先生が部屋を出ていきます。この後、子供達はどんな行動をとるのでしょうか?

「A型」グループは、皆でジッと見つめてたまま。

「B型」グループの場合は、箱への興味は、既になし。全然違う事で盛り上がっちゃってます。

「O型」の子供達は、箱には触っても、最後までフタは開けませんでした。

そして、最後は「AB型」一番元気よく返事をしていたのがこのAB型グループ。
しかし、先生の姿が見えなくなると、開けちゃいました


発掘あるある大辞典放送テーマ4月4日より抜粋

話題として十分面白い。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-29 13:46 | 疑問のまま

承認を求めているわけではない、報告をしている。

がっくり

 威張ることでも卑下することでもないけど、息子が中学のとき、PTAに加わらなかった。

 入学式当日、保護者が教室に集められて、学校からのいろいろな説明を受けたあと、役員さんがやってきて新役員を決めるという。私は、
 「加入しないので、私ははずしてください。」
といった。すると、旧役員さんたちは困ったらしく、
 「上に聞いてきますから、それは待ってください。」
と言った。私は、
 「承認を求めているわけではないので、報告だけしていただいたら結構です。」
と言った。

 学校とのやり取りに困るでしょうと言われたが、別に困らなかった。
 他の保護者との付き合いにも支障は無かった。

 PTAが不必要な団体だと思わない。それを必要とする人たちもいるだろう。また、私も参加したいと思うようなPTAもあるだろう。しかし、申し訳ないが、今回は納得してから入ろうと思ううちに卒業してしまった。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-29 11:13 | その他

カレーチャーハン

お宅のチャーハンのレシピを教えてーー。

 具は、大きめに切った牛肉、マッシュルーム、たまねぎ、にんにくとにんじんのみじん切り。

 調味料は、カレー粉、塩、クローブ。ウスターソース少々

 この後に飲むコーヒーの美味しいこと。



blog ranking

↑↑↑
そうそうと思ったり、面白かったと思ったときに押してください。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-28 13:01 | 美味しい!

変!!変!!マダムジョイ

洗剤のコマーシャル。

 キッチンで洗い物をするをする母親に、子どもがお弁当箱を渡そうとすると、
 「えー、今頃?」
と驚く母親。時間がたった弁当箱は臭いし、汚れ落ちが悪い。
けれども,
「汚れ落ちのいいマダムジョイがあるから、お母さんは平気。」
という設定。

 それって変だろー。
 「臭いから早く出せー!」
あるいは、
 「自分で洗えー!!」
だろー。

 垂れ流される優しいお母さんのイメージに、イラっとするときがあります。

blog ranking

↑↑↑
そうそうと思ったり、面白かったと思ったときに押してください。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-28 02:00 | 世間のこと

はた迷惑の本人

はた迷惑と言えば、そんじょそこらのはた迷惑ではない、桁違いにはた迷惑な存在である将軍様。

 いえ、このクラスのはた迷惑は、彼一人だとは思いませんが、とりあえず、彼。

 私はこの人の自己イメージというものが、どういうものなのだろうかと常々思っている。

 商売をする人のプライドは、今現在暮らしていけるかいけないかではなく、この商売でこれから先も食べていけるかどうかにかかっている。

 自国民が飢える、このひとつだけで、為政者としてのプライドはズタズタなはず。

 よほどのタフさか、よほどの事実認識の歪曲能力がないと、精神的に持たないだろうと思うのである。

 ここはひとつ、南伸坊さんに、将軍様その人になっていただいて、ピョンヤンの地にたち、物思っていただきたい。

歴史上の本人


↑↑↑
そうそうと思ったり、面白かったと思ったときに押してください。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-27 12:51 | 恥ずかしいこと

はた迷惑 考

 「自分自身のはた迷惑さと、どのように付き合うか。」
というのは、その人の個性そのものといってもいい。

 私の祖母は、
 「人様には迷惑をかけてないから、後ろ指さされるようなことはない。」
といっていたが、その言動が結構はた迷惑だった。揉め事の元をたどっていくと、彼女の直情径行が原因であるということが多かったが、本人は自覚がなかった。
 しかし、人からは慕われていて、来客が絶えなかった。

 私の母は、何事も耐える嫁、というポジションを取り続け、しんどさも涙も必要アイテムだったように見えた。それだけで満足してくれればよいが、イライラを私にぶつけるので、私はずっと、
 「辛抱強い女ははた迷惑だ。」
と思っていた。
 これが近所や親戚筋では「よい嫁」と評判だった。
 しかし、実はそそっかいしいひとで、結構間抜けで、そこが迷惑といえば迷惑だったし、可愛げといえば可愛げであった。

 この二人に加えて、さりげなく迷惑をかけながら、迷惑をかけることで愛される父を見て育つと、「迷惑」ということを、これでも深く考えながら私は育ったのである。


 たいして迷惑でもないのに、
「迷惑ばかりかけてすみません。」
という人は、その気色悪さがはた迷惑。
それに、
「ホンとはたいして迷惑かけてないけど、こういっておこう。」
といいながらすることが実際迷惑だったりする。

「迷惑をかけていない!」
と言い張る人に、はた迷惑でない人はいない、と私は断じて言う。

 たいがいの人間は、存在そのものがもう迷惑といえば迷惑なのだ。

そこから先のはた迷惑さは、「可愛げ」になるか、「迷惑!!」になるか。

 できればわたしのはた迷惑さは「可愛げ」ととっていただきたいが、可愛い人ばっかりでは怒ることができない。なにかに怒ることで発散されることもあるので、結局世の中はよくできているということなのか。


↑↑↑
そうそうと思ったり、面白かったと思ったときに押してください。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-26 22:21 | 恥ずかしいこと

グローバルスタンダードは、もう流行らないんですか?

 「そういえば最近、グローバルスタンダードって言わなくなりましたね。」

って、象牙の塔さんにコメントしたら、きっちり答えてくれました。

「グローバルスタンダード」


↑↑↑
そうそうと思ったり、面白かったと思ったときに押してください。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-25 21:41 | 世間のこと

闇の中で遊ぶ子

息子はとにかく睡眠時間が少ない赤ちゃんだった。

生まれて一ヶ月もたつと、夜に6時間寝ると、お昼寝はほとんどしない。子育て本に書いてあることや、先輩ママさんに教えてもらったことを試しても、だめ。

 「 あなたのやり方が下手だから寝付かないんだ。」
と、いわれるが、息子は睡眠時間が足りない赤ちゃんにはまったく見えない。
 
 ご機嫌で起きていて、そして元気にすくすく大きくなっていった。

 保育園では毎日お昼寝をするので、夜は一時や二時まで暗闇の中で遊んでいる。
 子守唄も、暗闇もなんのその。

 日曜になどはお昼寝をしないので、少し早めに夜12時ごろに寝る。

 それでも、保育園の先生から、よく、
 「お昼寝をなかなかしてくれないので困ります。」
と言われていた。

 
 私はたいてい息子よりも早くダウンしていた。
 朝目が覚めると、息子が私の横で寝ていて、そしてすぐに目を覚まして遊び始めるのだ。

 よくあれほど遊べるものだと感心するぐらい遊んでいる子だった。

 私はこの時点で、子育てのマニュアル本に見切りをつけることにした。



↑↑↑
そうそうと思ったり、面白かったと思ったときに押してください。


 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-05-25 21:31 | 息子