<   2004年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

証拠に向かって何を言うねん

 私が初潮を迎えて間もなく、その時期の自分自身の扱いに未だ不慣れな頃、母が、何時になく近くに身を寄せて小さな声で、しかし、しっかりした口調で言った。

 「女の子はお嫁に行くまで男に身を許してはいけません。
 女の子には処女膜というものがあって、初めてのセックスで破れてしまう。そうなると、もうお嫁にいけなくなる。男は処女としか結婚しない。
 処女かどうかは男にはわかってしまうから、隠しても無駄。」

 30数年前のことだが、隔世の感。

 生理痛で落ち込み気味の私の気分はいっそう沈鬱なものになった。
 母の様子がいつもと違って妙な迫力があり、まだ小学生であった私は、違和感を感じたが、返す言葉を持たなかった。

 その頃の母は、姑やしょっちゅう遊びに来る小姑家族に囲まれ、一日中、夫や娘以外の人間も含めて大勢の世話をしており、どう見ても幸せな女に見えなかった。
 ただ、わずかな時間、姑や小姑の目のないところで父のそばにいることだけが、子供心にも彼女が幸せそうに見えた時間だった。

 そんな膜一枚で人の価値を量る男の嫁になりたいだろうか。
 そもそもこんな境遇になるために守らなければならない処女膜とは何か。

 母の言うことすべてが当時の私には不合理に思えた。今でも不合理だと思う。
 けれども、母にとっては、言っている内容が不合理であっても、娘にはしっかり教えておかなければならないことだったのだろう。
 
 私はあまり母の言葉に縛られる子ではなかったので、
 「またおかしなことを言っている。」
というようなもので、ことさら反発しなかった。

 同じ行為を、「きれいの穢いの」といわれても、不思議なだけだ。

 そもそもその頃の私にとって、セックスそのものがグロいものであり、
 「あんたがグロイ行為をした証拠が私であって、そのあんたが証拠に向かって何を言うねん。」
と思っていた。

 それもこれも含めて、私にとって母はずっと不合理の象徴であった。

 追伸:妊娠中も出産後も、私は証拠を連れて歩いていることになり、正直自分ひとりで恥ずかしい思いをしていた。
 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-31 08:44 | 自分のこと

アクセス解析飽きました。

よって、はずします。

  夜明け頃にアクセスが減る、ということが分りました。

  来て下さった方のプロバイダが分りました。

  どのページがその日何回開けられているのか分りました。

  でも私にはあまり意味がありませんでした。


     追伸:アクセス解析を無料で使わせていただいてありがとうございました。
         

  
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-30 23:09

痛い儀式はイヤ!!

ちょっと、前言撤回。

 昔行われた、大人になるための儀式には「痛い」ものが多い。

 縄文時代には、男は前歯を折られ、女は口の周りに入墨を入れられたらしいし、ユダヤの割礼も有名。バンジージャンプなんかも、起源としてはそうでしょ。

 考えただけで卒倒しそう。
 私は、私の あの不安と恐怖でよかった・・・・。

 「痛い儀式」が待っていれば、思春期の子は、それだけで充分過ぎるほど恐怖を味わって、身体から湧き起こる不安などかき消されてしまうでしょう。
 そしてそれを乗り越えたことは、おおいなる自信となるでしょう。

 だから、そういった儀式が必要、だとはもちろん思わない。

 そういえば・・・

 女子の割礼が今でも行われていると聞くが、そしてそれに対する批判は余計なおせっかいだという意見もあるが、私はやはり批判したい。

 本当に彼女達がそれを受けてよかったと思っているのかどうか。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-30 07:08 | 世間のこと

虚無は壮大な夢だった

それぞれの思春期 私の虚無感

 ダットンとアロンによる、有名な「吊橋の実験」がある。

 簡単に言うと、100メートルもの深さのある谷に架けられたた吊橋の上で女に出会った男は、自分の心臓が激しく打つ原因が、恐怖のためなのか、女性に対する恋心のためなのか区別がつかない。
 人は、自分の身におきた変化の原因を、自分自身で認知する時に、まわりに紛らわしいものがあれば容易に誤りをおかす、という結論。

 ならばあの、思春期の私の虚無感、不安感はデフォルトのものであって、たまたまそこに「宇宙」や「無限」や「無」があっただけではないか。

 私は私の不安や恐怖の原因を、自分自身で認知する時に、要するに、物語として何かを必要としたにすぎない。

 思春期とは、体内から湧き起こる不安や恐怖と、子ども達が必死で対峙している時期である。
 この年代を越すために、人々は昔から、一度子どもとして死に、大人として再生するための儀式を必要としてきた。儀式には、物語が必要である。

 私は、決して私を害することのない宇宙や無限や、そういったものに対峙することで、物語を生き、そして、生きのびた。周りから見たら、空を相手に一人チャンバラしているようなものだ。
 思えば壮大な夢を見ていたものだ。
 
 思春期とは、滑稽な芝居を演じているのに、当人だけはそれを芝居だと認知できない、悲しく切ない、そして愛しい、そんな時期なのだ。

 大人は、適当に、文字通り適当に、敵役やら背景やら、まあ、自分の役どころを心得なければならない。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-29 22:29 | 自分のこと

それぞれの思春期 私の虚無感

 宇宙が始まってから現在までを1年にたとえると、地球上に文明が出現したのは12月31日の午後11時59分58秒だと聞いたことがある。中学生の時だったと思う。

 私はこの時、教室の中の40数人いる生徒の一人として席についていたが、暗いくらい宇宙に一人投げ出され、塵芥になったような気がした。

 ならば今ココで勉強していることは何のためなのか。休み時間の友達との楽しいおしゃべりはなんなのか。私の両親は、私という微塵を産み育ててくれているが、やはり彼らも微塵ではないか。

 微塵が英単語を覚えてどうするのか。
 微塵が泣いたり笑ったりしてなんになるのか。

 底なしの虚無感で、私はしばらくの間、生きることを止めたくなった。

 同じ頃に、私たちの体は原子で出来ているが、たとえば水素原子は、中心の陽子がピンポン玉大だとすると、数百メートルトラックの大きさの軌道上を重さのない電子が走り回っている、と聞かされた。

 とすると、今ここにいる私は、虚空ではないか。あるように見えるのはすべて幻影ではないか。ここにいる「もの思う私」は幻影なのか。ならばこの私の「思い」はいったいなんなのか。

 塵芥のような存在であるうえに、幻である自分。

 自暴自棄、なんて生易しいものではない。捨てる物もないという絶望感。

 そして宇宙にはビッグバンという始まりがあり、その前には宇宙は存在しなかった。
 
 ではその、ビッグバンの前、とはどういう状態なのか。
 考えたくなくても考えてしまって、そしてそれはとても恐ろしいものだった。無限大と思われるものの始まる前の無。
 何が怖いかといわれても、どう表現していいのかわからない。
 とにかく怖い。

 いろんな思春期があると思うが、この虚無感との戦いは、私の思春期のもっとも大きなテーマの一つだった。

 こんなことと格闘していた自分が可愛くもあるが、子ども達はそれぞれ何かと戦いながら生きているんだろうなと思うのです。


 追伸:原子の大きさについてうろ覚えで書いてしまいましたが、以下の引用が正しいと思います。原子を見たわけじゃないけど。

 
原子核の大きさは、原子の2万分の1程度である。これは、東京ドームを原子の大きさとすると、原子核は、ちょうどピッチャーグランドにピンポン玉を置いたぐらいの大きさである。したがって、原子は、スカスカの構造をしていることになる。


楽しい高校科学より

  



 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-29 04:24 | 自分のこと

悲しい曲を聴くのは幸せなとき

 私たちの若いころに比べて、
 「元気出そうよ。」
という感じの歌が増えたような気がしますが、気のせいでしょうか。

 私自身のことで言えば、少し切ない感じの哀調な曲、かといって、奈落のそこで聞くような激しい深い悲しみを歌う曲ではない、そんな感じの曲を聞くのは、自分自身が幸せなときですね。

 少し悲しいとき、明るく楽しい曲が聞きたい。

 うんとうんと悲しいとき、音楽なんか聴く気になれない。
 そこから少し抜け出しそうなとき、また明るい曲になります。

 音楽との付き合い方もきっとそれぞれなんでしょうね。

 皆さんはいかが?
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-28 13:05 | 自分のこと

中島らも氏 死去

 26日午前8時16分、脳挫傷による外傷性脳内血腫のため神戸市内の病院で死去


 たった今、大阪から帰ったばかりで、ヤフートップを開けて知りました。

 自分で予告したとおりの亡くなり方をされたことはなんと言っていいのか、言葉がありません。

 明るい悩みの相談室は、楽しんだというより、私にとっては自分の一部になっているような気がしています。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-27 21:10 | 世間のこと

情けは人のためならず

へんてこな日本語

 いつもおもしろい記事で楽しませてくれるたくろふさんです。

 そういえば、祖母がよく、
 「情けは人のためならず。」
と言っていました。

 それはそれで、幸せについて強欲な私に説得力のある言葉でした。

 ただ、私は祖母よりもっともっと強欲なので、自分のことを最優先にすることが結局は自分の不幸へのもっとも近道だという実感があります。

 わたしのエゴイズムを突き詰めていけば、
 「みんなで幸せでありたい。」
に行き着きます。

 ただ、客観的には不幸めなのが当人にとっては幸福、ということがあるので、まあ、何事も突き詰めず、と言うところでしょうか。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-25 23:30 | 自分のこと

トランスジェンダーや同性愛で治療されるべきは・・・・・

 トランスジェンダーや同性愛の人たちを見て、そうでない人たちが違和感を持ち、もっと言えば不快感を持つ。私がいつも疑問に思うのは、その、自分の心持に疑問を持たないということです。

 対象を「異質の人」、という捉えかたをしたときから、自分の心に起こるものは「不安」と言い換えてもよいと思いますが、では、その異質の人の何が自分を不安にさせるのか、というより、自分に危害を加えるとは思えない対象を見て、「自分の中の何」が自分を不安にさせるのだろうか。

そちらに目を向けなけらばならないと思うのです。

 男を愛する男、女を愛する女、その存在を許したり許さなかったりする権利を自分が有すると、何故思えるのか。

 病気というのは、当人が困ったとき初めて治療すべき病気なのであって、トランスジェンダーや同性愛については、当人はそのことで困ることはない。ただ愛する人を愛すればよいのであって、周囲の彼らへの対応によって困るのであるから、治療されるべきは周囲、ということになると思うのです。
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-25 20:48 | 世間のこと

好き嫌いと長生き

 息子はよちよち歩きのころ、毎日一本ずつ生のきゅうりをそのまま齧るのが日課だった。

 そんな息子が保育園のころから、きゅうりをまったく食べなくなった。もう一生分食べてしまったんだと思って、私はあまり気にしていなかった。

 そのころから、息子はピーマンやにんじん、青菜なども食べなくなっていった。

 私は子どものころ魚が苦手で、鮭くらいしか食べなかったが、今では何でも食べる。
 息子の好き嫌いは少しずつでもいいから直していこうと思った。

 ある日主婦雑誌を見ると、節約が大流行で、必要に迫られてというより、マニアと呼んでいいような人たちが紹介されていたが、彼女たちは卵をよく使っている。
 それに比べると、我が家の卵の消費量は驚くほど少ない。

 ここで疑念が湧いてきた。
 そういえば私は卵料理を好まない。
 私は自分で好き嫌いがないと思っていたが、実は、自分の嫌いなものは作っていないので、
 「我が家の食卓には嫌いなものはない。」
というのが、正確なんじゃないのか。

 考えてみれば、カレーを作ることがほとんどない。そうめんもしつこくリクエストがあって初めて作る。
 パイやクリームソースのパスタは頼まれたって食べない。
 赤飯も絶対食べない。

 それに比べると、鳥の皮を使った料理、ブロッコリーの芯、うり、蛸、など、私の好きなものの登場回数は圧倒的に多い。
 そして息子に、
 「好き嫌いをしてはいけません。」
と言っていた。

 そのことに気がついたとき、息子に、
 「もしかしたら母さんは、嫌いなものを作らないから嫌いなものがないだけかもしれない。」
と言った。息子は、キョトンとしていた。

 意外なことに、息子はそれについては私を責めることなく、そのころからだんだん青菜やたまねぎ、ピーマンなど、どんな野菜も食べるようになっていった。

 女が長生きなのは、もしかしたら自分の体が欲するものを自然に毎日食べているからではないのかな、と、ふと思った。
 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-07-24 14:57 | 自分のこと