<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

待ってた・・・

私が重大犯罪の被告を弁護しなければならない理由
  安田好弘さん。
 
 山口県光市の母子殺害事件の被告や、和歌山カレー事件の林真須美被告、ヒューザーの小嶋進社長など、世間を騒がせた重大事件の被告人の弁護に当たる。世間を騒がせたと言うよりも、マスコミによる激しいバッシングを受けたと言った方がより正確かもしれない。
 自分が被害者だったら、被害者の家族から見たら、というところからいっとき離れて、この人の話が聞いてみたかった。

 あまりにも一方の言い分のみがマスコミから流れてくるから。
 被害者のや被害者の家族の悲しみや悔しさ、苦しさ、それを忘れてはならないけれど、そのために見失ってはいけないことがあると思うのです。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-05-28 15:18 | 世間のこと

ロスト・イン・ラ・マンチャ

ロスト・イン・ラ・マンチャ

史上初の作られなかった映画の全記録。鬼才・ギリアムの「ドン・キホーテを殺した男」の撮影はたった6日間で中止。この空前の超大作に、一体何が起こったのか!?


子どものころに、親の目を盗んで深夜に見ていた「空とぶモンティ・パイソン」のテリー・ギリアム。

 私は見たい。彼がこれほど入れ込んだ映画を。

 何とかならないものかしら。世界中の彼のファンが1万円ずつ出し合う、なんていうのはどうでしょう。

 彼のイラストだけで作られたものでもいいと思うけれど、「ドン・キホーテを殺した男」ということなら、やはり俳優が演じる必要があるな。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-05-06 14:14 | その他

鯨羊羹

 尾道在住で敬愛する人生の先輩からいただいた鯨羊羹

 さらし鯨は嫌いじゃない。酢味噌で食べるのは、積極的に好き。おでんの「ころ」も美味しい。

 その味がしっかり脳の記憶領域に納まっている私としては、あの形を模して羊羹にした人の気持ちが分からない。

 
鯨の皮を意匠に取り入れ菓子にして愉しむ、私たち日本の先人達の美意識の高さと生活を豊かにする姿勢に頭が下がります。
 

  こう書き込む人も分からない。
 
  分からないけれど、羊羹は美味しい。白い部分は羊羹というよりもち米の食感を残した外郎のような蒸し菓子な感じ。あっさりしていて品のある甘さ。

 とってもお勧めなのに、私の友人は、
 「そんなもの食いたくも見たくもない。」
と言った。

 本当に美味しいですよ。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-05-05 23:50 | 美味しい!

疲労がたまる

 子どものころによく連れて行かれた中華料理店もお寿司屋さんも、洋食屋さんも、
 「いらっしゃいませ。」
ということはあってもその後は基本的にご近所さんで、召使のような言葉遣いをされるとその後の日常生活に気まずさが残ってしまうものだから、ご近所さんとしてのコミュニケーションが双方の間で交わされる。

 「まゆみちゃん、ちょっと見ん間に大きくなってー。」
などとおかみさんに言われたりするのだった。

 二十歳前後のころに、友人たちと神戸や大阪のでデパートやレストランなどに行くと、そんな小娘たちにもお店の人たちは一人前の「お客様」の扱いをしてくれたものだから、そのころの私は急に、近所のお店のおじさんやおばさんたちが、「お客様」の扱いを知らない、「洗練された店員」ではない人たちで、そんなところでものを買うのがちょっと嫌になったことがあった。

  今日、近所の中華レストランに行って、
 「いらっしゃいませ。」
と言われた。もちろん初めてのことじゃない。いつもそう言われる。

 歩いて2分くらいのところにあるので、普段着のままでかけることが多い。しかし、スーツを着込んだマネジャーや、おしゃれなユニフォームを着たホール係の人は、一貫して私たちを「お客様」扱いする。

 「擬似ご主人様」と「擬似召使」の関係。
 今の私にはつまらない。

 美味しい物を食べさせてもらったから、もちろん代金は支払うが、
「ご馳走様、美味しかった。ありがとう。」
「また来てね。」
の関係でありたい。

 遊び友達のおうちが洋食屋さんだったり、うどん屋さんだったり、ということは息子たちにはない。親が「お客様」として扱われるのを見るだけだ。

 私たちはどんどん、場面場面で、主人になったり召使になったり、自分を引き裂きながら生きるようになってきた。(私の勤務先も「患者様」という)
 しかしどちらの顔を使っているときも、疲労がたまる。自分じゃないから。

 何か特別な日にだけ、日常から離れた場所で女王様気分に浸るのなら悪くないかもしれない。それもきっと、一夜しか持たないだろう。

 

 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2006-05-05 22:00 | 世間のこと

India Driving

India Driving

言葉に出来ない驚きと感動があります。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-05-01 21:01 | 世間のこと