<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バランスをとり続けること

 些細なことから落とし穴に落ちないようにするためには、マニュアルは便利だし必要。

 けれどもマニュアルを使えば使うほど、もっとも大切なものを見失ったり、見失わないまでも、その大切さに気がつきにくくなる。

 結局は、バランスをとり続けるしかない。

 バランスをとり続けることを楽しむことかな・・。
 
 バランスのとり方が、個性かな・・。

   
[PR]
by mayumi-senba | 2006-07-23 01:17 | その他

近頃ガマンできないこと。

  以前にご紹介したことのある、我が家のミス・シーズー。2歳6ヶ月
  やはりいまだに俊敏さを獲得せず、落ちている食べ物に気がつかなかったり、どこか間抜けだが、靴下を発見したとき、餌の準備をしているとき、とても同一犬物とは思えない速さで駆けている。その証拠に、そんなときには耳が後ろに流れている。

 彼女は去年末まで、ほとんどドッグフード以外のものを食べていない。それをおいしそうに食べているんだから、私たち人間が食べているようなものの味を覚えさせないほうがいいかと思うからだ。

 ところが、そうは言っても、私たちの食事中には必ずそばでお座りして、かすかな希望にもずっと目を輝かせている彼女を見ていると、もうだめです。

 ほんとにこらえ性がなくなったものです。

 最初はサンドイッチのパンをあげている感じでしたが、今は、ハム付きレタス付きであげてしまう。それでもドッグフードを嫌がらずに食べているのを見ると、そのけなげさに、涙が出そうになります。

 涙腺も緩んでしまったのか・・・・。

 これで長生きして、孫を見た日には、どうなってしまうのでしょう。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2006-07-16 23:58 | 自分のこと

自分の病について知りたくない人

 いろいろと問題のある個人情報保護法だが、それぞれの職場では、深く考えるまもなく、対応に追われたのではないか。

 私の勤務先でもそうであった。

 その対策のひとつに、病状説明について本人が指定する、という文書がつくられた。

 1.本人のみ。
 2.本人と代理人(多くは家族の誰か)。
 3.代理人のみ。

 もちろん風邪や下痢で問題になることはない。
 また、少し重い病気でも、根治する可能性が高ければ問題ない。
 根治療法の時期を逸したりして確実に余命が限られた患者について、われわれが病状説明をすべき、また意思確認をするべき相手を患者本人に指定しておいてもらう。

 圧倒的に2が多い。
 
 文書どおりだと、意思のはっきりした人ならば、本人と指定された代理人にのみ病状説明と意思確認をすればよい。

 ところが、本人が2と答えたにもかかわらず家族が本人に隠してくれという場合がある。

 理由は言わずもがな。
 
 文書を盾にすればすぐに拒否できるが、私は少し時間をかける。医師によってさまざまな対応がある。さまざまな対応をすればよいように思う。

 ところで、3と答える人。

 患者としてはいまだに経験していないが、もしいるとしたら、どういう人だろうか。
 怖いからか、それとも、そんなことは言われなくても察する自信があり、淡々と日々をすごしたいと思うのか。
 代理人を信頼していることだけは間違いない気がするけれど。

 そんな人は病院に来ないのかもしれない。

 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2006-07-16 00:42 | 病気

おつりをもらうとき、

  近頃スーパーやコンビニで、硬貨のおつりを渡されるときに、お金を持ってないほうの手で受け取ろうとする私の手を支えるように触れる。

 たいていマニュアル化が進んでいるところほどそうされる感じがする。

 買い手に心理的な好感を持たせる作用があるということで行われているのだろうが、少なくとも私はあまりうれしくない。。

 この、不快という感じをどのように伝えたらいいのだろうと、ちょっと思う。

 その場では言いにくい。

 でも、いかにもとまどいなく、この渡し方が間違いなく好感度をあげると信じているように渡されると、ちょっと悲しい。

 私のようなものは少数派なのかな。お店としてはトータルで好感度をあげるという判断をしているわけだから。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-07-13 00:13 | 世間のこと

引っ掛け問題

 先日、中間試験をして、その後の講義中に時間をとって、答え合わせ、といいますか、異議申し立てといいますか、そのようなことを学生たちにさせました。

 「先生ー、この問題、引っ掛けじゃないですかー!!」
と大声で抗議するものあり、それに同意するものあり・・・。

 面白いものですね。

 言いたくなる気持ちはわかるけど、そもそも引っ掛けようと思って作った問題なんだから・・・。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2006-07-10 22:54 | その他

いや、ほんとにご無沙汰いたしました。

 いや、ほんとにご無沙汰いたしました。

 実はほとんど死に体の毎日を送っていました。今も完全に回復した感じはしませんが、1月から5月までの研修医なみの忙しさで、体調をすっかり崩していました。

 過労による抑うつ状態とそれに起因する免疫力低下で、めまいと倦怠感、それにもともと弱い気道感染症との格闘の日々。というより、超低空飛行で、6月いっぱいは、
 「出勤だけはしますが・・・。」
という感じ。
 その間ほとんど頭も回らず、医療制度が大幅に変わっており、現在「浦島太郎」状態でございます。
 更年期障害との噂もございます。

 はやいこと、制度がどうなってるのか理解せねば・・・・。

 それでも私は、

 これが好き!

 そう、これが好き!!
[PR]
by mayumi-senba | 2006-07-09 15:00 | その他