「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

教育基本法を読み直してみる。

教育基本法
○昭和二十二年法律第二十五号

 朕は、枢密機関の諮詢を経て、帝国議会の協賛を経た教育基本法を裁可し、ここにこれを公布せしめる。

 御名御璽

  昭和二十二年三月二十九日

   内閣総理大臣 吉田茂
   文部大臣 高橋誠一郎


教育基本法

 われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法 の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。

第1条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

第2条(教育の方針) 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によつて、文化の創造と発展に貢献するように努めなければならない。

第3条(教育の機会均等) すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならないものであつて、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によつて、教育上差別されない。


2 国及び地方公共団体は、能力があるにもかかわらず、経済的理由によつて修学困難な者に対して、奨学の方法を講じなければならない。

第4条(義務教育) 国民は、その保護する子女に、9年の普通教育を受けさせる義務を負う。


2 国又は地方公共団体の設置する学校における義務教育については、授業料は、これを徴収しない。

第5条(男女共学) 男女は、互に敬重し、協力し合わなければならないものであつて、教育上男女の共学は、認められなければならない。

第6条(学校教育) 法律に定める学校は、公の性質をもつものであつて、国又は地方公共団体の外、法律に定める法人のみが、これを設置することができる。


2 法律に定める学校の教員は、全体の奉仕者であつて、自己の使命を自覚し、その職責の遂行に努めなければならない。このためには、教員の身分は、尊重され、その待遇の適正が、期せられなければならない。

第7条(社会教育) 家庭教育及び勤労の場所その他社会において行われる教育は、国及び地方公共団体によつて奨励されなければならない。


2 国及び地方公共団体は、図書館、博物館、公民館等の施設の設置、学校の施設の利用その他適当な方法によつて教育の目的の実現に努めなければならない。

第8条(政治教育) 良識ある公民たるに必要な政治的教養は、教育上これを尊重しなければならない。


2 法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。

第9条(宗教教育) 宗教に関する寛容の態度及び宗教の社会生活における地位は、教育上これを尊重しなければならない。


2 国及び地方公共団体が設置する学校は、特定の宗教のための宗教教育その他宗教的活動をしてはならない。

第10条(教育行政) 教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負つて行われるべきものである。


2 教育行政は、この自覚のもとに、教育の目的を遂行するに必要な諸条件の整備確立を目標として行われなければならない。

第11条(補則) この法律に掲げる諸条項を実施するために必要がある場合には、適当な法令が制定されなければならない。

附則

 この法律は、公布の日から、これを施行する。


[編集] 教育基本法制定の要旨について
文部省訓令第四号

教育基本法制定の要旨について

このたび法律第25号をもつて、教育基本法が公布せられた。

さきに、憲法の画期的な改正が断行され、民主的で平和的な国家再建の基礎が確立せられたのであるが、この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。

思うに、教育は、真理を尊重し、人格の完成を目標として行われるべきものである。しかるに、従来は、ややもすればこの目標が見失われがちであつた。新日本の建設に当つて、この弊害を除き、新しい教育の理念と基本原則を打ち立てることは、今日当面の急務といわなければならない。

教育基本法は、かかる理念と基本原則を確立するため、国民の総意を表わす議会の協賛を経て制定せられたものである。即ち、この法律においては、教育が、何よりもまず人格の完成をめざして行われるべきものであることを宣言した。人格の完成とは、個人の価値と尊厳との認識に基き、人間の具えるあらゆる能力を、できるかぎり、しかも調和的に発展せしめることである。しかし、このことは、決して国家及び社会への義務と責任を軽視するものではない。教育は、平和的な国家及び社会の形成者として心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。又、あらゆる機会に、あらゆる場所において行われなければならないのである。次に、この法律は、日本国憲法と関連して教育上の基本原則を明示し、新憲法の精神を徹底するとともに、教育本来の目的の達成を期した。

かくて、この法律によつて、新しい日本の教育の基本は確立せられた。今後のわが国の教育は、この精神に則つて行われるべきものであり、又、教育法令もすべてこれに基いて制定せられなければならない。この法律の精神に基いて、学校教育法は、画期的な新学制を定め、すでに実施の運びとなつた。

然しながら、この教育基本法を運用し、真にこれを活かすものは、教育者自身の自覚と努力である。教育に当る者は、国民全体に対する深い責任に思いを致し、この法律の精神を体得し、相共に、熱誠を傾けてその使命の達成に遺憾なきを期すべきである。

昭和二二年五月三日

高橋誠一郎

"http://ja.wikisource.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%B3%95_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%29" より作成
[PR]
by mayumi-senba | 2006-11-20 22:45 | 世間のこと

母親による代理出産について思うこと

 スイブルスイーパーを注文してしまって、なんだか不思議な「忸怩感」をかかえつつ、サンデープロジェクトを見ていたら、代理出産の話題だった。実際に携わった医師が出演していたのを途中から見た。

 「情報が開示され、慈善に基づいた代理出産であるなら、認められてしかるべきである。法整備は、個別の事情や、個別の哲学、倫理観が絡む問題について、何をするべきかということを定めるのではなく、何をしてはいけないかということについて決めるべきである。」

 という意見に危うくうなづいてしまいそうになるが、やはり、私は家族というものの持つ両面性に危惧を感じる。

 家族とは恐ろしいものであるなどとい言い募るつもりはない。そんなことを言わなくても、殺人や傷害事件がどのような関係の中で起こってきたかを考えると、家族は聖域といいがたい。
 また、細かくは述べないが、家族のすばらしさを知らないわけでもない。

 人は家族を殺す、ということではなく、家族も、人を殺人を犯すまでに追い詰める力を持つといってもよい。

 今回娘の代理出産を行う母は、50台後半。出産自体が危険だし、この年代で高濃度の性ホルモンを浴びる事のリスクだって少くはないだろう。

 このお母さんには、覚悟もあり、誰に押し付けられたわけではなく自発的に決定し、また、金銭の授受の問題もないかも知れない。

 しかし、家族がすべてそのように、慈善の心だけで成り立っているとは、私には思い難い。

 親が子に、あるいは子が親に、夫が妻に、妻が夫に、外部からはなぜだか理解しがたい権力関係が存在する場合がある。また、経済的な条件、たとえばどちらかがどちらかを養っている場合、赤の他人との関係ほどその授受の問題が明らかにされやすいわけではない。授受と認定されにくい。そればかりか、本人同士の自覚もない場合が想定される。

 そんな関係がある中で、あるケースを慈善、自発的、と認定することは大変困難であると私は思う。

 代理出産がいいか悪いか私には分からない。分からないが、ここだけを取り上げても、今踏み出すには問題が大きすぎると思われるのだ。
 
[PR]
by mayumi-senba | 2006-11-19 13:14 | 世間のこと

野口整体

  学生の頃に、近所に野口整体の施療の資格を持つおじさんがいて、そのおじさんが経営する喫茶店で話をいつも聞いていた。

 正直、かなりの量の唾を眉につけていたが、どうしても惹かれる言葉があった。

 「頭で食べてはいけない。胃袋にちゃんと聞いて、本当におなかがすいているといえば食べればいい。そうでないときには食べてはいけない。」

 「体にゆがみがあると、病気になる。」

 「健康な人は怪我をしない。」

 最近思い出して、気になるので調べてみたら、活元運動というのを指導している。

 整体入門、という本を買ってみて、ちょっと試している最中。

 眠る前とおきてから、大きな深呼吸を一度下あと、横になって、何かいいたいことがあるように感じる部分を好きに動かしてみる。外から見ると、毛布の中でもぞもぞしているだけだと思う。

 数分間続けていると、硬いところがなくなって、自分の体から左右さが消えた感じがする。

 腰と肩が軽くなったのは確かです。いつか、もう少し詳しく報告したいですね。

 整体入門


 
[PR]
by mayumi-senba | 2006-11-15 00:51 | 病気

いじめについて

Excite エキサイト : 社会ニュース

CAP(Child Assault Prevention=子どもへの暴力防止プログラム)というプログラムがある。友人にもスペシャリストがいて、大切で必要な活動であると私は考えている。

 そこを踏まえたうえで、以下を読んでいただきたい。
 
 息子が小学生の頃、PTAでこのプログラムを実施してもらおうということになった。友人からどういうものなのか聞いていたので、それはいいことだと思った。

 しかし、ひとつ気にかかることがあった。 そのプログラムが実施されるということで思い思いに保護者が話すことの中に、自分の子どもがいじめる側にならないようにということはまったく無かった。いじめすれすれのことをしがちな子のお母さんたちも、わが子が被害者になることしか眼中にないようだった。

 もちろんCAPの対象には大人からの暴力が含まれているし、保護者のとっての関心事はそのときそこに集中していたのだから、無理はないかもしれない。

 しかし、実施までの間、実施後に至るまで、まったくわが子が加害者になる可能性を考えるような言葉はなかった。

 いわゆるいじめは、一部の加害者と傍観者たちの共犯として成り立つ。
 冷静に考えれば、いじめられる子よりいじめる子の方が圧倒的に多いことになる。
 わが子が被害者になるより、加害者になる確率のほうがかなり高いことになる。

 親として心配なのは、わが子に危害が加えられることの次(申し訳ないが)に、わが子が加害者にならないかということであるはずだが、ついにそんな話は聞かなかった。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-11-13 08:34 | 世間のこと

核武装論議大賛成

 前2回の記事でおわかりのように、私は、核武装論議大賛成論者である。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-11-12 17:53 | 世間のこと

そもそも

核武装もいいけれど

 IAEA(国際原子力機関)っていうのは、第二次大戦後に日本とドイツの核武装をさせないために作られた機関なので、「真っ先に査察されている」んですね、日本は。
[PR]
by mayumi-senba | 2006-11-11 06:43 | 世間のこと

核武装もいいけれど

日本は国連機関IAEA(国際原子力機関)の査察を受けていて、各原子力施設は、常時監視カメラのもとにある。査察官は8人常駐しているのだそうだ。

 もちろん核拡散防止条約(NPT)を締結している。

 国の存亡がかかっていればそんな条約なんかにかまっていられないから、脱退すればいい。
 見つかったって8人ではどうにもならないから核武装を進めれば良い、というような気もする。

 しかし、核燃料は輸入、廃棄物処理も海外の施設。これらの国は面子にかけても、二国間の取引をストップせざるを得ない。国内にある核燃料だけでやってみてもいいけれど、その代わり、すでに原子力に頼っている発電がストップする。

 われわれ国民は、圧倒的な電力不足の生活を覚悟しなければならない。ちょっと、クーラーの温度を上げたり、トイレの電気をつけっぱなしにしないようにするぐらいでは追いつかない。すべての産業が、食料自体が、電力なしでは生産できない。

 もし、核武装を行うというのであれば、そのときに受容しなければならない国民の生活レベルを試算し、明らかにしてからにしていただきたい。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2006-11-09 23:29 | 世間のこと