「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「せめて本当のことを言ってくれ。」

 夫は人望がありどれほど人から頼りにされていたか、その夫がどんなに自分を大切にしてくれたか、自分もそれに応えて、夫の家族の中でのどれほどの苦労を耐えることができたか、ということを、えんえんと語り、自分は何があっても最後までこの夫の世話をしなければならない、ということを再々述べる妻が、ハテ、一向に入院中の夫を自宅へ連れて帰ろうとしない。

 介護レベルで言えば、介護サービスを受ければ妻の介助量はさほどにはならないレベル。
 しかし、わざわざ、と思えるように用事を述べ立てる。また、
 
 「体に何か異変があったときに困る。」
というが、年齢的に言って、異変はいつか起こり、彼はいつか亡くなる。それもすごく遠い日ではない。

 そんなに大切に思っているなら、残された日々を、
「親戚や幼馴染がたくさんいる自宅近くの施設への入所などはどうか。」
というと、それもあまり気乗りがしない様子。

 「奥さんが、在宅復帰で予想される一番困ると思うことを言ってください。」
と言うと、初めて出てきた。

 「あの人はわかいころから、新聞、と言うと新聞が目の前に出てきて、テレビ、と言うとテレビが勝手につくものだと思ってる人なんです。だから、いつも私がそばにいないとだめなんです。そばにいないと探して危険で、私は何もできません。とても困るんです。」

 予想はしていたが、やはりいつも脱力する。年代的にしょうがないのだろうけれど。

 彼女は、いちいち赤ちゃんのように夫を扱いながら、「よい妻」と呼ばれてきたはずだ。
 「よい妻」と呼ばれるのはちょっと気持ちよかったはずだ。なぜなら、同じ時代でも、そうはしなかったために、「悪妻」と呼ばれた人もいるだろうから。

 今の夫の状態は、夫と彼女と世間の合作。
 あの時代に抗える人がどれほどいたか、というと、それは少なかったに違いないので攻められないけれど、
 「せめて本当のことを言ってくれ。」
と思う。夫が頼りがいのある人だったのも、優しかったのも本当だろうが、今、一緒に暮らしたくない、というのも本当の気持ちだ。
 
 本当のことを引き出せないと、私たちは、「その後」のお手伝いができないのですよ。

 今日はちょっと愚痴。
[PR]
by mayumi-senba | 2007-06-18 00:26 | 世間のこと

唐突にF to Mについて

 ちょっと唐突なことを書くけれど、性同一性障害の知人が数人いる。女性の染色体を持ち、心は男性である。いわゆるF to M。

 彼らは、恋人から深く愛されている。そして恋人を深く愛し、大切にしている。
 ヘテロセクシャルとは異なる風景に見える。

 こんな少ないケースでものをいってはいけないことは重々知っているが、彼らが自分の身体に違和感を感じ、苦しんできた長い日々と、周囲との関係を作り上げてきた努力の日々が、彼らを強く、愛情深い人にしたとしか思えない。

 もちろんすべてのF to Mがそうだとはいわない。でも彼らについてだけはそう言って間違いないと思う。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2007-06-11 20:55 | 世間のこと

努力の人へ

 何かに打ち込んで、周りが見えなくなるほど一所懸命になるのは、ちょっとはた迷惑なことがあるけれど、さほど罪はない。

 自分は努力に努力を重ねているのに、周りのやつらはのほほんと間抜け面で毎日を過ごしているように見え、それが腹に据えかねるのなら、そんな努力は自分にとっても周囲にとっても毒にしかならないから、やめたほうがよい。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2007-06-10 21:34 | 自分のこと

恋風

 中学のころに、同じクラスにとてもかわいい女の子がいて、彼女は男子から圧倒的な人気があったが、当人はそのことをどう考えたらいいのかわかっていないような、ちょっと浮世離れしたところのある子だった。

 彼女は、なぜか私にくっつきまわり、トイレまでついてくるのだった。

 私はそんな彼女がとてもかわいく、いとおしく、なにかから守ってあげなければならないような気がしていた。

 そのときも今も、友人には男性が大勢いるが、今思えば彼らに対する感情よりは彼女に対する感情のほうが、はるかに「恋心」に近い。

 しかし、では、その男性の友人たちの中に「恋心」を感じたことはないかといえば、もちろんそんなことはない。ほんの一瞬だけで消えてしまったり、持続しているが非常に淡いもので、「恋心」かと問われれば、自信がなくなってしまう場合もある。もう少し濃くて、出会う時期が違っていればもっとステディな関係になっていたかもしれないと考えるときもある。

 ブレンダ・ラッセルというボーカリストが歌う「恋風」というアルバムがあって、若いころに実際の曲も知らずにレコードを買ってしまったことがある。題名に惚れたということ。

 私にとって恋心とは、風のように実体がなく、何かが動くことで感じるもので、かすかなことも激しいことも、突風のようなときも、ずっとやさしく吹き続け癒してくれることもある。
 だから、異性だけではなく、同性にも感じることがあるのだ。

 それらをいちいち浮気だなどと自覚しないし、同じような感性を持つ人が、私は好きだ。



 
[PR]
by mayumi-senba | 2007-06-08 00:13 | 自分のこと