<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

半側空間無視に思う

 脳血管障害後の後遺症として半側空間無視、という症状がある。

 右半分なら右半分が見えない、ということならわかりやすい。右半分の空間が見えていないということなら、みえていないということを認識しているので注意をするし、そちらを見たければ頭を右に回転させればよい。

 この、半側空間無視、という症状が厄介なのは、見えているが認識していない、という状況で、認識できていないということももちろん認識していない。

 たとえば食卓に並ぶ料理には、左半分しか手をつけない。歩いていると気には、右半身があちこちでぶつかる。右目が見えない人には起こらないことだ。

 たとえば全盲の疑似体験、聴覚障害の疑似体験なら可能なことで、かつ、想像もしやすいのに比べるととてもわかりにくい症状で、疑似体験の装置としてどんな仕掛けが可能か、私には全く考えられないし、実際そんな装置はない。

 ただし、理解は可能だ。認識していないことをどう理解すればよいか。

 犬の嗅覚は人間より1000倍~1億倍と言われている。すなわち、100万倍ということなら、空気中を漂う匂い分子の濃度が100万分の1でも嗅ぎ取ることができるということである。

 犬が認識している匂いを、私たちは認識できないし、そのことを、感覚的には認識できない。そのことを知識として知っているだけである。

 けれども私たちは、そのことで特段困ることはない、と思っている。もし犬に知性があったら、
 「不自由なことで、お気の毒に。」
と思うかもしれない。

 こうもりが空間認識をするのに超音波を使っているということだが、これも私たちには認識できない感覚だ。
そしてなくても困らない。

 私たち人間も動物たちも、そしてありとあらゆる地球上の生き物は、同じ空間で生活しながら、まったく異なる世界を生きている。

 一定の空間は共有しながら、そこに存在するあらゆる物理的、化学的な物質、エネルギー、速度、変化、時間などを感じる感じ方をシェアしている。

 私たちは、この、果てがあるのかないのかもわからない、始まりと終りがあるのかないのかも釈然としない宇宙の片隅の小さな空間(これは変かな、果てがないなら片隅はない)で、さらに空間は共有しながら感じ方をシェアしている。

 時間もシェアしている。私たちは生まれてそして死ぬ。

 私たちはあらゆる面で「部分」である。

 これらすべてのありとあらゆるもの、感じ方、空間、そして私が知らないなにか、全部ひっくるめたものを、私は「神」あるいは「超越者」と感じるのである。

 この部分的な感じ方で。
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-23 23:25 | 自分のこと

愛について考えた。

  よく知らないけれど、「ミロス」という何かをメールで知らせてくれた若い人に当てたメールを残しておこうと思う。

 ○○さん、こんにちは。私は、「愛」とはなにか、ということを突き詰めて考えたことはありません。

 ただ、生きているだけで見えてくることがあります。それは、「愛とは何か」という問いにも、「愛の方法」にも、答えと呼べるようなものがたくさんあって、それらはすべて本当のことだけれどでも互いに全く整合性がないのです。

 私は数学や物理が好きな子でした。整合性のあることが好きな子だったんですね。ところが、整合性がとれないからこそ真実に近い、ということが世の中にたくさんあります。そのことを知ったことが、年を重ねてきてよかったと思えることです。

 私は、「愛」に原理はないと思います。ぼんやりとしてつかめないけれど、確かにそこにある、という形で存在するものだと思います。「ぼんやりしたイメージ」というのは、むしろ私には正確な表現に思えます。

 「ミロス」というものは、愛の一つの形を教えてくれるのかもしれませんが、「愛」とは誰かが「原理」と称し独占して語る言葉ではなく、多くの人の語る言葉や、多くの人の行いの中からそれを見出し、さらに一段と「ぼんやりしたイメージ」で膨らませていくものだと思います。

 私は、○ ○さんのメールの中の、「論理」とか「スッキリ解消され」という言葉に違和感を感じています。私が思う「愛」からは遠い言葉だからです。

 人は、答えがあるようでないような問いを抱えながら生きていくほうが、人としての深まりが増していくような気がします。

 今月初めに出会ったばかりのものなら、恋で言うならまだ何も見えずにのぼせ上っている時期です。

 いい、悪いということは言えませんが、宗教であろうとなかろうと今の段階で人に薦めるのは○○さんにとってプラスにはならないと思いますよ。○○さんのことが好きだから、あえてメールをします。

[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-22 20:17 | 自分のこと

インフルエンザの予防接種より大切なこと

今日、某課の某が、インフルエンザの予防接種の前の診察の時に、

 「先生、それより彼氏のできる注射、ありませんか!」

と言った。
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-10 21:25 | 出来事

上田正樹がやって来る!

  今年の年末、ANAホテルのディナーショーに、上田正樹がやってくる!

  WEBで目にして日程を確認した、その直後に私は予約を入れた。

  今年は私にとって良い年となりました。

        以上 総括終り

 
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-08 01:31 | 自分のこと

30億年から40億年後

   30億年から40億年後に、我々の天の川銀河と隣のアンドロメダ銀河は、二つが合体して新たな渦巻き状の銀河を形成することが予測されているが、空間にはまだまだ余裕があるため、星の衝突はあまりおきないと考えられている。

 ・・・・らしい。

 「楽しみだ。」
と美しい天文学者が笑顔で語っていた。

 実に景気の良い話で、この世のどんな事をも「小さな取るに足らないこと」にしてしまう。
 嘘でもほんとでも、どっちでもいい。

 スカパーのTHE HISTORY CHANNELに、「ザ・ユニバース」という番組があって、私は楽しみに見ている。
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-06 00:29 | 世間のこと

続 事件報道における容疑者の扱いは急に変化したのだろうか

事件報道における容疑者の扱いは急に変化したのだろうか

 しかし、容疑者の名前と顔をふせたままでも、近所に住む人たちにはわかるだろう。家族がいれば、その家族もつらい思いをする。

 たとえば、探せばだれにでもある恥ずかしいことを、テレビで騒ぎたてられては、その地域で生きていくのが難しくなるかもしれない。

 さらにいえば、我々の社会は容疑者の段階で雇用が危うくなるような未熟な社会である。

 すべて、もし無罪ならその元容疑者や家族に対してどう償えばよいのか。

 かといって、報道が容疑者の名前も顔も、周辺の情報も流さなければ、誰が容疑者としてとらわれているのかがわからない。それでは、正当な捜査と裁判が行われているかを確認する方法がなくなる。

 しつこいようだが、私が論じているのはあくまでも容疑者という段階のことである。

 考え始めれば、いくらでも問題が出てきそうだが、ずっと考え続けなければならないことだと思うのだ。

 そのうえで、今回の報道の変化は、一つの試みであると思う。
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-06 00:16 | 世間のこと

事件報道における容疑者の扱いは急に変化したのだろうか

 お昼休みに医局に戻ると、テレビにクックル嬢にそっくりなシーズーが映し出されていた。

 ほんとによく似ているなと思っていたら、今、結婚詐欺と男性の不審死で容疑者となっている女性が飼っているペットということだった。

 ご近所のみなさん、断じて言いますが、あの容疑者は私ではありません。

 私には、男性からお金を引き出すという能力が、決定的に欠落しています。

 せいぜいがんばって食事をご馳走になる程度です。

    ・・・・・・・・・・・・・・ 年齢は私のほうがちょっと上です。

とこのようなことを書くのは、この容疑者の顔がぼかされ、名前も、少なくともテレビでは公開されていないからだ。

 和歌山カレー事件の時のことを考えると、なんなんだ、この違いは。いつからこんなことになったんだ?

 でも、冷静に考えると、彼女はまだ容疑者である。万一裁判で無罪になるようなことがあれば、彼女についての現在の報道は、もし名前と顔が公表されていれば、無罪である彼女の人生に取り返しのつかない致命的で不当なダメージを与えることになる。

 容疑者の名前と顔を公表しないことは、犯罪者の人権を過大に守るということではない。

 裁判で有罪が最終的に確定されてから、罰を受け罪を償うのが道理ではないか。なぜ先走って制裁を与えるのだ。

 オーム事件の時の河野さんの苦しみを、我々はどうやって償えばよいのかわからないまま、今に至っている。

 志布志事件はついこの間のことだ。

 言い渡された刑に服し、社会的な制裁を受けるのは、罪が確定してからで遅くない。

 容疑者に対するこのような扱いの変化は、私はテレビをあまり見ないのでいつからかわからないが、結構なことであると思う。

 政権交代の影響だろうか。
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-04 21:29 | 世間のこと

無常観

苦の娑婆

  祖母のこの言葉を、無常観と言い当てられて、私は初めて無常観というものが腑に落ちた。

  高校の古典で教えられてから、幾度目にし耳にしても、言ってみれば隔靴掻痒。

  ゆく川の流れもうたかたも、花も若さもゆかしいものではあったけれど、何か違うと思っていた。

  子どものころに、祖父も祖母も、父も母もいつか死ぬ、と気がついたときに、どれくらいの期間だったか忘れたけれど、長い間、私はそのことにとらわれ気分は晴れなかった。受け入れがたかったのだ。

 息子が生まれたときにもそれを思い、嬉しかったが悲しかった。

 これがそうだと言われたら、ことりと音をたてて胃の腑に落ちた。
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-03 19:10 | 世間のこと

苦の娑婆

  まだ祖母と一緒にに暮らしていたころ、だから大学に入るまでの間のこと。

  祖母が何かのおりに、
  「苦の娑婆やな。」
と、寂しそうに、つぶやくように言うのを何度か聞いた。

  私が知らない時期はいざ知らず、その頃の祖母は、すべての子がちゃんと大人になり、それぞれがみんな子どもをもって、たくさんの孫がいた。その孫たちも、私といとこの一人が少し多動気味なのと、時々おばたちがそれぞれの夫と犬も食わない夫婦喧嘩をする程度で、孫、子はみんな幸せに暮らしていた。

  祖母の夫である祖父も、とっくに女癖はやみ、いつも楽しそうな「おじいさん」になっていた。

  そして祖母も、多くの時間を笑顔で過ごす「おばあさん」だった。

  だから、祖母のあの言葉は、私には不可思議なものだった。

  この前、友人が、
  「仕事とはいえ、人の不幸に立ち会うことが多いのに疲れてきたな。」
とつぶやいた。

  そのとき私は、あの祖母の言葉をありありと思い出した。

  私が学校から帰ってくると、祖母のもとには近所の同年輩の女の人たちがよくきていた。祖母は、愚痴なのか、悩みごとなのか、その人たちの話を聞いていた。
  テレビのニュースもよく見ていた。

  祖母には学があったわけではないので、政治的なことや社会的な問題については詳しくわからなかっただろう。けれども、世の中につらくて苦しいことが山ほどあるということを知っていた。

  私はあの祖母の言葉の意味が、少しわかったような気がしてきた。

  今、私には特に悩まなければならないことは、ない。体調がよくないときだって、そんなもので悩んでいたわけではない。

  でも、今の世界の状況は、決して威張って次世代に誇れるものではなく、日本にも、世界にも不幸がたくさんあって、自分はさておき、こんな世の中でわが子やまだ見ぬ孫は幸せに暮らしていけるだろうか、とふと思う。

  世の中の不幸について、直に苦しいのではなくて、あんなことが自分の子孫におこったらと考えると空恐ろしくなることがある。実にエゴイスティックな不安である。

  祖母は、そんな思いを抱いたときに、自分をなだめるために、あの仏教から学んだ言葉をつぶやいたのかもしれない。

  いつかまたちがった思いを持つかもしれないが、祖母の心を少し知ったような気がして、書き残しておきたかった。

  
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-02 20:22 | 世間のこと

妖怪の分類

妖怪の形態は、したがってまことに多様であるけれども、諸書にしばしば引用される十八世紀フランスのビュフォン伯爵の簡潔きわまる分類の倫理性が、気に入っている。すなわちいわく、「第一は過剰による妖怪。第二は欠如による妖怪。第三は諸部分の転倒もしくは誤れる配置による妖怪。


               中野美代子著『中国の妖怪』(岩波新書)より引用

 まことに汎用性の高い、使い勝手の良い言い回しである。

 変な人は、したがってまことに多様であるけれども、21世紀の仙波による変な人の分類にいわく、「第一は過剰による変な人。第二は欠如による変な人。第三は諸部分の転倒もしくは誤れる配置による変な人。」
[PR]
by mayumi-senba | 2009-11-01 00:48 | その他