「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

最大の誤り

  kotoba_botより

  「人生で犯しがちな最大の誤りは、誤りを犯さないかと絶えず恐れることだ。」
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-24 22:15 | 世間のこと

必ず絶対

@kotoba_bot より

「どちらが正しいかわからないときは『絶対』とか『必ず』とかが付いているほうが間違いです。 」
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-24 22:13 | 世間のこと

天井にゴン

  お風呂に入っていたら、急に息子が赤ちゃんのころのことを思い出した。

  何回か書いたが、息子は夜寝ない子で、絵本に関心のない子だった。

  どっかによじ登ったり、箪笥の引出しから中のものを出してその中に入ってみたり、またその上の引出しをあけて、二段目の引出しの中に入ったり、立てもしないうちから、一刻も「じっとしない子」だった。

  (実は私も子供のころそう言われていた。)

  そんなころ、息子は、抱っこしてぐるぐるまわされたり、高い高いをされるのがすごく好きだった。
  要するに、よくいえばダイナミックな、普通にいえば、乱暴な遊びが大好きだった。

  で、ある日も、「高い高い」といいながら上に向けてほおり投げては抱きとめてやっていると、腹の皮がよじれるんじゃないかと思うくらい嬉しそうにキャッキャッと笑うものだから、私は少しずつほおり投げる高さを高くしていった。

  それにつれて、息子の喜びようはさらに、
「どっか壊れたんじゃないか?」
と思うくらいになっていった。

  そしてついに、安普請のマンションの低い天井に、息子の頭がゴンという音を立ててぶつかった。

  すると、息子の顔から一瞬笑いが消え、驚いているようだったが、大した音ではなかったこともあって、息子を抱きとめた私が笑うと、息子はまた笑いだした。

  そしてまだ「高い高い」をねだるのだ。

  わが子ながら、
 「立ち直りの早い子だな。」
と私は感心していた。

  息子は、もちろん持って生まれた素質の上に、日々接している私から受けた影響は大きかったと思うが、私の振る舞いが、息子から影響を受けているということも事実である。

 息子が驚いて泣いていたら、さすがの私も、「高い高い」を続けるはずがない。

 このことはまだ息子に話してなかったように思う。

  追伸:このことがあってからだいぶ時を経て、何かの雑誌に、「高い高い」は子どもの頭に良くないと書かれていたのを見た。
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-24 00:54 | 息子

忙しい私

  近頃私は忙しい。

  twitter のTLをざっとでもいいから見たいし、The Histry Channelや、ナショナルジオグラフィックチャンネルの見たい番組もたくさんある。

  読みたい本もたまってくるし、梅も見たいし、ボーっともしたいし、どうしたもんだろう。
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-22 23:11 | 自分のこと

ブー!

  ハズレですよ、アンドレさん。

  
女性が最も激しく愛するのは往々にして最初の愛人であるが、女性が最も上手に愛するのは常に最後の愛人である。アンドレ プレヴォ

[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-21 23:50 | 世間のこと

報道と責任

報道と責任

  ken_kataokaさん の紹介です。

 報道は権力を監視する使命があるが、報道を監視する責務もあるのではないか。

 報道のあるべき形を真剣に考えよう。
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-21 22:01 | 世間のこと

死刑制度について

  私は、死刑制度を廃止すべきだと考えている。

  前にも書いたことがあるが、被害者や被害者を大切に思う人たちの気持ちを思うと、
 「廃止すべきだ。」
とはっきり言いきることができなかった。

 実は、戦後の混乱期に、私の叔父に当る人が喧嘩に巻き込まれた友人を救おうとして、自分が刺されて亡くなった。そして、犯人は「狂人」であるということで、病院に入院させられたと聞いている。

 その叔父の遺影を見ながら私は育ったが、祖父母や父がそのことについて話すのを聞いたことがない。
 それは子供心に不思議だったが、聞いてはいけないというような雰囲気があった。

 私は、いま、祖母や父が、恨み言や泣き言を言うまいと「努力」したとはおもえない。

 毎日仏壇に手を合わせ、月命日には必ずお坊さんがやってきて、私たちはそこに居合わせてしまうと、念仏が終わるまで正座させられるのだった。

 あんなふうに過ごすのでなければ、どう暮らせばよいだろう、と思う。
 それぞれが悲しみを呑み込んで生きていたのだ。
 口にしたら、なんとか保っているものが崩れてしまう。

 死刑制度は、冤罪が含まれる可能性と、国家に殺人を許していいものか、という理屈で、廃止するべきという意見に同意しながら、後ろ足のつま先はまだ死刑制度の存置派にのこっていた。

 狂牛病騒ぎのときに、その専門家と話をする機会があって、彼が、
 「日本は、狂牛病を発病した牛を安全に隔離する技術力があるにもかかわらず、消費者の感情に媚びて殺してしまい、研究の機会を失ってしまった。」
と悔しがっていた。
 
 私はまさにその時に、存置派側に残してきた後ろ足のつま先を蹴って、
 「やっぱり死刑制度は廃止すべきだ。」
と思った。
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-21 18:00 | 世間のこと

タイガー・ウッズの謝罪

タイガー・ウッズが謝罪したってニュースがあるけど、だれに何を謝ったんだろう。

 神様?なら、一人で謝ればいいし、奥さん?なら二人の間のことだし。


 

 
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-21 00:04 | 世間のこと

哲学

「でも犬であるってことはフルタイムの仕事でね・・・。」 (スヌーピー)

ちかごろ、これをつぶやくと、なぜだか、とても深い真理に触れた感じがするんですよ。

 そして、うちのクックル嬢の横顔が、哲学的に見えて仕方がありません。

 
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-19 21:44 | 世間のこと

  昨日は、陰暦の正月3日。

  冴えた夜空に、三日月が見えた瞬間、邪念の嵐で血が上っていた私の頭が、スーッとクールダウン。

  月は、これまでどれほどの数の男と女を迷わせてきたかしれないし、狼にだってしてきたかもしれないけれど、私については、いつも冷静さと穏やかな喜びを取り戻させてくれるのだ。
[PR]
by mayumi-senba | 2010-02-17 20:56 | 自分のこと