教えたろ、のおばさん。

 子どものころ、妹と私が「教えたろのおばさん」
と呼んでいたおばがいる。このブログを見ることは無かろうと思うので、書いちゃう。

 「教えといたげる。男はね、おいしい物さえ食べさせとけば、必ず帰ってくるよ。」
 「教えといたげる。子はかすがい、ゆうてね・・・・・。」
 「教えといたげる。あんまり厳しいことゆうたらあかんよ。綱は長めに・・・・。」

 彼女を思い出すと、
 「教えといたげる・・・。」
という言葉だけがリフレインする。

 今私は、仕事で教えている。嬉々として。

 血は争えない。
 
[PR]
by mayumi-senba | 2004-08-02 23:35 | 恥ずかしいこと
<< 笑われたこと 今日も大雨 >>